製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

薬剤師の資格を活かす転職先

薬剤師の資格を活かす転職先

薬剤師の資格は貴重なものです。
薬剤師の資格があることで数々の転職先を選んでいけます。
とはいえ、初めて転職する際にはどのようなところに転職すればよいかなかなかわからないもの。
薬剤師の資格は実は意外な現場でも求められているものですが、こうした点についてせまっていきましょう。

 

薬剤師の資格はどこで求められているのか

○いろんなところで求められている
薬剤師の資格の需要はかなり高いものです。
日夜、多様な薬剤が開発されていますが、こうした薬の専門家である薬剤師はどこの業界でもある程度の需要があります。

◆例えば、薬剤師の資格を製薬業界以外で活かしたいならばデパートや薬局などで薬剤師として働いてみると良いでしょう。 
デパートや薬局などは全国どこでもありますから、こうした薬剤師の仕事はどこでも見つけられます。
薬局で働く場合には給料はそこまで高いとはお世辞にも言えないものの、デパートで働く場合にはある程度の高給も期待可能です。

◆他に、クリニックで働くこともできます。
クリニックで専任薬剤師として勤めれば長期雇用も期待できます。
クリニックは薬局よりも高給が期待しやすいこともポイントです。

通常の会社で薬剤師として雇ってもらえることもあります。
例えば、社内薬剤師として社内の薬局に務めるといった道もあるのです。
こうした社内薬剤師は通常の薬局などで働くよりも楽だと感じる人もいます。
とはいえ、社内薬剤師の仕事はそこまで多くないのでデメリットかもしれません。

◆もちろん、製薬業界で活躍することもできます。
薬剤師の資格があれば数々の転職先がありますが、製薬会社がその一つです。
製薬会社では薬剤師として製薬開発の仕事をすることもあります。
製薬開発の仕事は通常の薬剤師の仕事とはまた違った楽しみがあり、人によってはかなり向いていることもあるでしょう。
例えば、「研究が好き」「ラボで働くのが好き」といった場合にはこうした開発の仕事を選んでみるのもおすすめです。
開発の仕事は長期的に働くことができるのも利点でしょう。

このように薬剤師の資格は様々なところで活かせるものです。
これから転職をする際には自分の資格がどこで活かせるのか知って自分にあった転職先を見つけていくことが大事でしょう。

 

薬剤師のキャリア選択について

薬剤師の転職先は多いですが、「あまりいろいろと転職するとキャリア的に良くないのでは」と感じる人もいるかもしれません。
こうした気持ちはよくわかりますが、転職は薬剤師にとってプラスになることが多いことは知っておきましょう。
他の業界や職業だと転職ばかりしていると敬遠されることもありますが、薬剤師の場合には転職すればするほどに「いろいろなところで活躍しているから知識も豊富」といったように転職時にますます有利になることがあるのです。

 

○転職するメリット
①特に薬剤師は転職によってより良い条件の職場を見つけることが重要になります。 
これは職場によってはかなり低給なところもあるためです。
特に薬局での仕事は見つけやすいですが、給料も時給にして2千円にも達しない、なんてところもあります。
こうした職場で働いている際にはなるべく転職を早めにしてより良い職場に移るのが大事なのです。

②転職をすればより知識も増えてくるものです。
いろいろな薬局を渡り歩くことでそれぞれの薬局の調剤方法なども学べます。
こうしたことは薬剤師として転職する際にも役立ってくることがありますからチェックしておきたいところです。

③もちろん、一つの会社にずっと在籍することも可能です。
もし給料が上昇していっているようであれば急に転職する必要性もありません。
しかし、給料が頭打ちになったりしたら転職時期がきているのかもしれません。

④薬剤師の仕事は単調なこともありますが、仕事に刺激を求めたい際にも転職を検討してみると良いでしょう。
転職をすることにより全く違った仕事ができることもあります。

⑤薬剤師のキャリア選択について迷っているならば転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。
転職エージェントを利用することでいろいろと話を聞けておすすめです。
転職エージェント以外にも実際に転職する場合には転職情報サイトも参考にしてみましょう。
転職情報サイトの中には製薬業界関連の仕事ばかり集めたところもあります。

 

○まとめ
このように薬剤師として転職する際には検討しておきたいことが多いですが、薬剤師である以上は転職に慣れておく必要性もあります。
転職に強ければ薬剤師としてもより働きやすくなることでしょう。
また、自分の強みは早めに見つけておくようにすると良いでしょう。

例えば、「カスタマー対応に強い」「小児関連の調剤に強い」といったように強みを見つけられればそれだけ転職もしやすくなってきます。
もしも強みを見つけたらその強みを積極的により高めていくことも大事です。
こうしたことを意識している人とそうでない人とでは数年後にはかなりの差が出てくることもありますから、是非とも実践してみると良いでしょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧