製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者で働くまでの流れは?

人気がある業界として製薬業界があり、研究開発職やMRなど様々な職種があります。

給料などの条件がいいので働きたいと考える人も多いでしょうが簡単に採用されるわけではありません。

どんな流れで採用されるのか調べておきましょう。

 

自分に合った仕事を知って応募します

これから仕事を探すとき、自分自身で何をしたいのかなどを知っておくと探しやすくなるかもしれません。

特に業界にこだわらないときもあるでしょうし職種を限定しないときもあるでしょう。

では製薬業者の求人を利用して働くまでの流れとしてまず何をしないといけないかです。

この業界の特徴としてどの職種にしても専門性が強くなる点が挙げられます。

さらに開発職があり、一定の技術があれば採用される可能性も出てきます。

開発職を希望するのであれば最低でも大学の理系を卒業しそれなりの開発の経験がないと難しいでしょう。

薬剤師の資格を持っていたり薬学部を卒業していたり、化学関係の研究開発職があると経験者として評価が高くなるかもしれません。

それ以外に人気があるのが営業職です。

一般的な業界の営業職とは異なり、採用広告などでもMRの募集と出ているときもあります。

MRは医薬情報担当者と呼ばれ、単に薬を売り込むだけでなく薬のことをそれなりに知っていないとできない仕事になるでしょう。

文系でなれないわけではないですが理系出身の人が多く、薬剤師など専門家などが応募するときもあります。

専門性が強いだけに実力が認められると給料なども高くなる仕事になるでしょう。

とても魅力がある業界なのでその他の仕事での応募をする人もいるでしょう。

事務部門であったり製造ラインで製造に携わる仕事なども行えます。

事務の経験があったり製造の経験があるならそれを評価してもらえる可能性があります。

 

自分をアピールできる書類を作成します

新卒で就職活動するときは履歴書の作成を行います。

新卒だと職歴はないので職務経歴書の作成や提出は必要ありません。

履歴書には自分自身の基本的な情報と学歴、資格、志望動機などを書きます。

製薬業者の求人を利用して働くまでの流れとして書類を作成して提出することが挙げられます。

この業界で有利になるのはまず薬に関係している人でしょう。

大学の薬学部を卒業している人、薬剤師の資格を持っていたり取得の見込みがある人などです。

又理学部などの研究に関わる学歴があるときも評価されやすいです。

評価の対象になる学歴はきちんと書くようにしましょう。

自分自身を書類でアピールできるのが志望動機などしかありませんからしっかり文章を考えて作成するようにしましょう。

同じ業界としても作っている薬の種類などは異なりますし戦略なども異なります。

企業分析を事前にしておき、それぞれの企業の将来性などから求めている人材を把握したうえで動機を作成するようにしましょう。

転職をするときは職務経歴書が必要です。

他の製薬関係の会社で働いているならその経歴をしっかり書いてアピールしましょう。

調剤薬局や病院など製薬ではないが薬に関係のある仕事をしているなら、薬と関わった部分の経歴を細かく書くと良いかもしれません。

開発やMRの経験があるならできるだけ具体的に経歴を書いた方がいいでしょう。

どんな薬の開発をしたのか、MRでの成績がどれくらいあったかなどを書くと評価してもらえるかもしれません。

 

条件の交渉をしたうえで内定を得ます

仕事をするときには応募をして書類の提出をします。

転職などでは書類選考である程度ふるいにかけられるので、書類をどう作成するかがかなり重要になります。

製薬業者の求人を利用して働くまでの流れとして、転職エージェントなどを利用すると良いとされています。

メリットは色々なサポートが受けられる点でしょう。

書類の作成方法や添削などを行ってもらえるので、書類審査で落ちる可能性が減るかもしれません。

書類審査に通ればいよいよ面接になります。

書類で書いてあることをベースに適宜質問に答えるようにします。

ここでも転職エージェントのサポートが助かります。

転職エージェントを利用すると、自分に合った会社の情報などを探してくれるときがあります。

それぞれの会社でどんな人材を求めているのか、面接でどんなことを聞くのかなどをエージェントが把握してくれています。

事前に聞いておけばそれを元に面接の受け答えなどを研究できるでしょう。

面接は一回ではなく数回行われます。

一回目などは自分から質問などはせずにとにかく誠実に答えることに専念しましょう。

二回目や三回目になると多少内定後も意識した質問をするとよいでしょう。

条件などの交渉が必要なときもあります。

無理に自分で行わなくてもエージェントが条件の交渉をしてくれるときもあります。

無事内定がもらえたら後は実際に勤務するまでの間に勉強などをしておきましょう。

薬のことを少しでも勉強していれば、仕事熱心であると評価されるかもしれません。

 

まずは自分がどの職種で仕事をしたいのかを考えましょう。

研究開発やMRなどが人気の職種になりそうです。

その後書類の提出や面接などがありますが、転職エージェントを使えばアドバイスをもらえたりスケジュール調整などをしてくれます。

 

サイト内検索
記事一覧