製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者の仕事にはどんな種類があるの?

製薬業者とは、他人の命や健康に関わる重要な職業であり、一般的な職業よりも給与が良いのも人気を高めている理由の一つとなっています。

働くとなれば何か資格が必須になってくるのではないかと考えてしまいがちですが、ポジションによっては資格がない人でも就くことができるところもあります。

会社ごとによる仕事内容の違いも大きいことは確かですが、ある程度ポジションによる大まかな仕事の内容を理解しておくことが、ミスを防ぐことにも繋がるのではないでしょうか。

 

研究や開発のポジションについて

研究や開発をしたり試験を行うポジションでは、しっかりとした資格を取得していなければ携わることはできません。

新薬を生み出すというだけではなく、ジェネリック医薬品や既にある薬の改良版を生みだすというのも仕事内容の一つとなっており、薬の作用メカニズムの解析や合成をし、臨床試験も繰り返し何度も行なっていくことになります。

他人の健康や命に携わることだからこそ、薬の安全性を確立するためには、十年単位の期間が必要となることも珍しくはありませんし高い効能や効果をもつ薬を生みだすことが研究や開発のポジションのメインの仕事となっています。

研究と開発では、ポジションが明確に分けられていることが多くなっているということも頭に置いておくようにしましょう。

研究のポジションでは、より学術的な研究をメインにしており、研究成果もそうすぐには現れるものではなく、利益も現れにくくなっていますが、研究部門がしっかりしている製薬会社は、素晴らしい製品を開発することが高く、やりがいにもつながります。

開発のポジションでは、既に研究されている医薬品を実用化させるのがメインの仕事内容となっているので、事務仕事も多いということも頭に置いておく必要があります。

 

製薬業者の営業職のポジションについて

開発した新薬を知ってもらい売るというポジションとして営業職もあります。

製薬会社の営業職となれば、かなり高い専門性が求められますし、MRと呼ばれており一般的な営業職よりも特別視されています。

製薬会社で扱っている医薬品を病院に提供することになりますが、医薬品をより安全に使用するために様々な情報やデータを集めたり、副作用や効力も知りしっかりとした説明ができるようにならなければなりません。

医療品に関する専門的な知識が必須というのはもちろんのこと、日々開発され新たに生み出されている薬の事も勉強していかなくてはなりません。

それだけではなく、相手に薬のことを知ってもらうためには知識以外にも一人ひとり相手に合わせた対応が必要になります。

どんなに良い薬を生みだすことができていても、営業職の人の知識やトーク力が十分ではないと、世の中に広がらないなんてこともありうるので責任は重大なものとなっています。

良い営業職の人がいることで、良い薬を世の中に送り出すことができ、一人でも多くの人の健康や命を助けることができる仕事と言えるのではないでしょうか。

 

製薬業者の工場での仕事内容とは

製薬会社となれば知識はもちろん、資格も必須となる職業と考えがちですが、製薬会社といっても難しいポジションばかりではありません。

中には工場勤務で、仕分けやピッキング、梱包や機械オペレータといった簡単な内容の仕事もあります。

工場の勤務に関しては、未経験という人でも求人に応募することができるものが多くなっていますが、命や健康に携わる医薬品という大切なものを扱う仕事ということに変わりはありません。

薬をパッケージに詰めるというような簡単な内容であっても責任は重大であり、しっかりと意識を持って仕事に取り組んでいかなくてはなりません。

高品質な状態にするためにも厳しい基準になっているので、薬品の小分けや包装など全てにおいてしっかりと決められた手順に従って作業を進めていくことになりますので、安全であり安定したものにしていく仕事となっています。

 

製薬業者といっても様々なポジションが存在しており、それぞれに仕事の内容や給与、やり甲斐など異なる点は多岐に渡ります。

しかしどのポジションにも言えることは、他人の健康や命にまでも携わる責任のある職業ということは確かであり、内容をしっかりと理解した上で働く必要があることは間違いないといえるのではないでしょうか。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧