製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

転職活動の準備と進め方

転職活動の準備と進め方

転職活動は準備が必要です。

全く準備をせずに転職活動する人もいますが、これは間違いです。
準備をしないと余計に転職活動に時間がかかるだけでなく、転職活動中にしたいこともできません。

そもそも転職時期を見積もるためにも準備が欠かせないのです。
ここではそんな転職活動の準備や進め方について詳しく紹介していきます。

転職活動の準備方法とは

転職活動の準備としてしておきたいことは多いです。

①転職する動機をはっきりさせる
まず、どうして転職したいのか自問自答してみることから始めて見るといいでしょう。
こうしたことがしっかりできていれば面接時に志望動機などを聞かれてもスムーズに答えられるようになってきます。
逆に自問自答してみて、転職動機が曖昧だったら転職しないほうが良いかもしれません。
転職もかなり手間がかかりますから、動機が強くないのであれば転職は控えておいたほうがいいこともあるのです。

②転職動機をはっきりさせたら転職時期を見積もりましょう。
転職したいからといって仕事を辞めるのは懸命ではありません。
時期によって転職しやすい時期もありますし、仕事を辞めやすい時期もあります。
例えば、2月や3月は転職時ですが、他の時期に転職すると転職求人もなくて困ることもあるのです。
仕事が忙しい時期に会社を辞めるのもおすすめできません。
早く転職について会社に伝えればそれだけ有利に会社を辞めることもできるようにもなってきます。

③転職時期が見定まったらこの後は転職計画を立てていきましょう。
転職計画はかなり重要なもので転職計画によって転職の成否が大きく左右されることもあります。
転職計画には転職の目的などを盛り込みますが、転職目的はかなり大事なところなので考え詰めると良いでしょう。

④また、転職のゴールも計画に盛り込みましょう。
例えば、「給料○円以上のところに転職する」といったように具体的だとそれだけ転職活動も進めやすくなります。
逆に「やりがいのある会社に転職する」といったように目的が曖昧だと危険です。
やりがいのある会社かどうかは入社しないとわからないこともあります。
目的が曖昧だと転職後に本当に転職が成功したのかも評価しにくくなってきます。
そのため、できれば目的やゴールは数値化できるような内容だとベストでしょう。

⑤加えて、転職時にしたいことなども決めましょう。
転職期間中に転職のことだけしか考えないのではもったいないです。
例えば、転職時に合わせてバケーションに行ったりすると良いでしょう。
新しいスキルを身につけるというのもビジネスマンには必要です。
こうしたことも合わせて計画に盛り込みましょう。

 

転職計画をより具体的に考えていこう

〇この後は転職日程について考えていきます。
転職日程は余裕を持たせておくことが大事です。
転職期間の目安ですが、仕事をやめてからなるべく3ヶ月以内に転職活動を終えられるようにしましょう。
あまりにも長引かせるとだれてしまいますし、履歴書的にも良くありません。
あまりにも転職期間が長引くと仕事の感覚も落ちてきます。

〇転職の準備として会社を研究して、業界研究をし直す必要性もあります。
人によってはキャリアプランについて見直しが必要になることも。
このような準備をする期間も転職日程に盛り込みましょう。
こうしたことは会社を辞める前からできます。
転職したいと考えている会社の求人事情なども調べておくことで計画もより立てやすくなってきます。
面接日なども分かり次第カレンダーに書き込んでおきましょう。
このように転職計画を立てるのは手間もかかりますが、それだけの成果は確実にあります。
転職計画が定まったら後は転職計画にしたがって行動していくだけです。
転職時に何か悩んでしまったらこの転職計画に立ち返って物事を考えるようにすると良いでしょう。

〇また、計画は逐次変更するようにするのもありです。
転職は自分が描いていた通りに進まないことも多くあります。
例えば、思った以上に業界研究などに時間が掛かる場合には計画の見直しも必要になることがあります。
こうしたことは確実にしておかないと計画そのものが崩れてしまうこともあるので気をつけておきましょう。

〇転職が思うように進まないということもあるでしょう。
こうした際には立ち止まって問題を見極めることも大事です。
例えば、資格が足りなくて思うように転職できないのかもしれません。
他に、転職時期が悪いために転職がうまくいかないこともあります。
このようなことを考えずに闇雲に転職活動をしても埒があきません。

〇転職が終わったら転職について考えないという人もいますが、これはよくある間違いです。
転職が終わったら転職活動について振り返ってみるようにしてみると良いでしょう。
例えば、「もっと業界研究などは早いうちに始められればよかった」といったように考え直せば次回の転職の参考にもなってきます。
このように転職経験から教訓を見出すこともかかさずにしておくようにしておきましょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧