製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬会社の開発職に就くには?資格は必要?


日本にも多くの製薬の会社があり、大手から中小まで様々です。
研究を各社で争っている業界なので、非常に将来性のある業界と言えるかもしれません。
製薬を直接行う業務に携わりたいとき、何が必要かを知っておくと良いでしょう。

 

薬剤師の資格があるとそれなりに有利になる

医療系の資格として薬剤師があります。
薬に関するスペシャリストで、資格を取れば調剤業務等を行うことができます。
就職先も幅広いので、取得を目指すのであれば大学から選ぶ必要があるでしょう。
実は薬剤師になるには6年制の薬学部がある大学を卒業しないといけません。
学内での学習だけでなく、学外などでも学ぶ必要があり、それらの経験を経たうえでようやく受験資格が得られます。
日本において薬のスペシャリストといえばこの資格になるので、薬に関する仕事をするのであれば役立てることができそうです。

製薬会社に就職してさらに開発職に就くにはどうすればよいかです。
資格が必要かどうかといえば必ず必要になるわけではありません。
でも薬剤師の資格を持っていればかなり有利に話を進めることができるでしょう。

製薬をしていくにはいろいろな薬品の知識が必要になります。
多くの薬品がどうかかわっているかなども知っておかないといけない資格ですから、その上で製薬をするとなると会社としても非常に助かるはずです。

薬剤師の資格を取った人は調剤薬局であったり病院などに就職をする人が多いとされていますが、一部においては製薬の業務に携わりたいと考えている人もいるようです。
大学において学んでいくうちに、研究などをしたいと考えるようになったのかもしれません。
資格を取りたての人でもそれなりになりやすいでしょうし、資格取得後に調剤薬局などで働いて、転職をする人なども採用してもらいやすいでしょう。

 

6年制だけでなく4年制の薬学部卒業でも良い

国家資格に薬剤師があり、現在は薬剤師になるには6年制の薬学部を卒業しないといけないことになっています。
かつては4年制で、4年制を卒業すればなることができました。
薬学部に行く人の全てが薬剤師の試験を受けるわけではないですし、資格を取ったから薬剤師が行う調剤業務を行うわけではありません。
ただ薬の専門家の資格を取ろうとする人は多いと言えるでしょう。

では薬学部はすべて6年制かですが実はそうではありません。
4年制の薬学部もあります。
4年制の薬学部を卒業してもそれだけでは薬剤師の国家試験の受験資格は得られません。
4年制に通う人の目的としては、研究として薬を学ぼうとする人が中心になります。
一部やはり薬剤師になりたいからと6年制に編入したりして受験資格を得る人もいるようですが、多くはそのまま4年制を卒業して就職していきます。
そしてその就職先として多いのが製薬会社であり製造職になるようです。

6年制で薬剤師を目指している人は、薬の勉強をしますがあくまでも薬剤師の資格の取得を目標としています。
そのために薬の研究などは必要最低限にする人もいます。
薬剤師の試験に合格するのは非常に大変だからです。

一方4年制に通っている人は最初から薬剤師になる目的はなく、薬の研究をしたい人が多いです。
薬の研究の全てが製薬のためではないでしょうが、新しい薬を作りたいと考えている人はいるでしょう。
6年制の薬学部生も採用されますが、4年制の薬学部生の方が採用されやすいかもしれません。

 

食品や化学製品などの勤務経験がある

大学には大きく分けると文系と理系があります。
そしてそれぞれの系統でもいろいろ細かく分かれています。
理系の中でも医学系や工学系、理学系等があります。
理学系においても分野が分かれていて、大学によって学部や学科が細かく設定されています。

薬のことを学ぶと言えば薬学部になるでしょうが、薬の基本は化学になります。
化学を学んでいる人であれば、ある程度製薬などに携わることができるかもしれません。
製薬会社の開発職に就くにはどうすればいいかですが、大学において薬学や化学などを学んでいて、さらにその他の会社で製造業務に携わっていると良いかもしれません。
必ずしも薬剤師の資格が必要になるわけではありません。

元の会社としてどんな会社が良いかですが、食品関係や化学製品関係になるでしょう。
食品と薬は非常に関係が深く、食品会社から薬が作られることもあります。
逆に薬を作っている会社が食品を作ることもあります。
互いに研究する部分が近いので、そちらで一定の実績があれば評価されるかもしれません。

化学製品に関しても、いろいろな物質から新しい物質を作り出す研究をしているのでしょうから、製薬に関しても一定の能力を発揮できる可能性があります。
化学系の学部を卒業しただけでも採用されるでしょうが、実際に製薬以外の製造業で製造をしていたとなるとより評価が高くなると言えるでしょう。
職務経歴書に自分の行ってきた開発内容を書いてアピールすると、さらに評価されやすくなるかもしれません。

 

製薬をするのに特別な資格は不要です。
しかし薬の専門家である薬剤師の資格があると評価はされやすくなります。
薬学部といえば6年制ですが、より研究を中心に学んでいる4年制で学んでいると評価が高くなる可能性があります。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧