製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

仕事をしながら転職活動をする際の注意点

仕事をしながら転職活動をする際の注意点

 

転職活動は時間がかかります。
転職活動中に仕事を退職してしまうと、収入がなくなってしまうのがデメリットです。
こうした転職活動ならではのデメリットも仕事をしながら転職活動をすれば打ち消せます。
しかし、仕事をしながら転職活動をすると思わぬ危険性もあるのです。

 

仕事をしながら転職活動する

○メリット
◆仕事をしながら転職活動することはいわゆる空白期間を設けたくない人におすすめです。
転職期間が長引くとそれだけ転職も成功しにくくなる傾向にありますが、仕事をしながら転職活動すれば空白期間などに困らされることもありません。
運が良ければ仕事を辞めた後にすぐに他の勤務先で働くことも可能です。

◆仕事をしながら転職活動すれば仕事の勘も失わないで済みます。
転職活動が長引いたために転職後に元に戻るまでに時間が掛かる人もいますが、仕事をしながら転職活動をすればこんなこともなくなってきます。
こうしたメリットも仕事をしながら転職活動するとあるのです。

◆転職活動も時には失敗することもありますが、仕事をしながら転職活動をすればそんな際にも安心です。
転職活動が失敗した際には単に元の仕事を続ければ良いだけです。
このため、より安心して転職活動を進められるのも利点になります。

◆仕事をしながら転職活動をすれば、より余裕を持って転職先を探すことができます。
すぐに転職先を見つけないといけないなんてこともないので、いろいろな転職先を選り好みしていけるのです。

このように仕事をしながら転職活動するのはいろいろなメリットがあります。
しかし、そもそも仕事をしながら転職活動ができるかどうかは会社によって変わってきます。

 

○デメリット
◆勤務先によっては在籍中の転職活動を全面的に禁止しているところもあるのです。
こうした場合に内緒で転職活動すると解雇される恐れがありますし、良からぬ噂が同僚にも広がってしまうこともあります。

◆また、転職活動と仕事を両立させるのは少し大変です。
転職活動中は面接も何度も受けないといけませんし、転職エージェントなどにも顔を出さないといけません。
面接は基本的に日中に行われますから、面接を受けたい場合には有給などを使って仕事を休まないといけないこともあります。

仕事をしながら転職活動していることが転職先の企業にわかってしまうと採用にも影響が出てくることがあります。
実際、製薬業界はかなり狭い業界ですから、意外なところで仕事をしながら転職活動していることがわかってしまうことがあります。
こうした危険性もあるので注意が必要です。

◆このため、仕事をしながら転職活動する際には「勤務先の会社が転職活動を許している」「転職活動する時間がたっぷりある」といった条件を満たす事が大事です。
逆にこうした条件が満たせるようであれば積極的に仕事をしながら転職活動していくと良いでしょう。

 

更に上手く転職活動を進めるコツについても紹介

○コツ
仕事をしながら転職活動をすることは可能ですが、もっとうまく転職活動を進めていくコツはいろいろとあります。
①例えば、これから仕事をしながら転職活動する際には便利な転職エージェントをもっとうまく活用すると良いでしょう。
面倒な転職先企業の情報集めなども全て任してしまうと良いでしょう。
こうした作業を任せればそれだけ仕事に専念していくことができるようになります。

②転職活動をしていることについて同僚などに打ち明けてみるのもおすすめです。
こうすることで仕事の負担を減らしてもらえて、面接のために休暇をもらえることもあるでしょう。
良い職場であれば転職活動をサポートしてもらえることもあります。
とはいえ、職場によっては転職活動をしている同僚にあまり優しくないところもあるので打ち明けるかどうかはじっくり検討しておくと良いでしょう。

仕事を辞めるまでに転職先の情報などを集めて転職に対する準備を万全にしておくことも大事です。
面接などを受けるためにはやはり会社を休む必要性がありますから、書類選考が済んで面接まで進んだら会社を辞めるのもありでしょう。
こうすることで転職活動に厳しい会社に勤めていても問題なく転職活動をしていけます。

 

○まとめ
このようにコツはいろいろとありますが、転職活動に専念したいならばやはり職場を辞めたほうが良いことも。
転職活動は片手間でできるものではなく、じっくり専念したほうがより良い結果も生まれやすくなります。
こうしたこともあり、転職活動する際にはいろいろな選択肢を検討してみるのがおすすめです。

仕事をしながら転職活動をして仕事を辞めた後にすぐに他の会社に移れればベストですが、誰もがこのように器用に転職できるとは限らないのです。
転職期間中は新しいことを勉強する良い機会にもなりますし、息抜きをするためにも有効活用しておきたいところ。

仕事を辞めた後にすぐに他の会社に移ると、抜きすることもできずに精神的に疲れてしまうこともありますから気をつけておきましょう。