製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者の営業は何を売っている?

 

現在日本には様々な職業があり、その中の一つに営業があります。

自社の製品はもちろん、サービスなど売り込みたい商品の様々な魅力をアピールすることが仕事であり、契約へと結び付けたり顧客の習得をすることが役割となっています。

商品やサービスに関してしっかりと理解をしているのはもちろんのこと、コミュニケーション能力の高さなども求められることになります。

一口に営業といっても様々な働き先があり、呼び名や種類も異なりますが、その中の一つであり給与を始めとした優遇も比較的良いことから近年人気を高めているのが、製薬業者の営業です。

 

製薬業者の営業が売っているものとは

製薬会社の営業を一般的にはMRと呼んでおり、MRは自社の医薬品に関し正確な知識を医師や薬剤師などに提供することによって、間接的に売上アップを行う仕事です。

当然のことですが、医師など医薬品や医療に関するプロに説明しなければならないので、より専門的な医療知識が必須となってきます。

薬品医療メーカーのMRは、医師や薬剤師に販売する行為や価格交渉をすることはできず、自社の医薬品に関する情報の提供や収集をしたり、存在を知ってもらうための普及や拡大をするということになります。

しかし直接的に販売することができないにも関わらず、ノルマや目標数値はあるケースも多く、もどかしさで頭を悩ませるケースも少なくはありません。

患者の安全を確保するということが最も大切であり、信念として頭に置いておかなくてはならないということはMRにも突然当てはまります。

そのためにも医薬品に関する正しい情報を医師や薬剤師に提供し、医薬品の適正使用を促すことが必須です。

当然のことながら、自社の製品を普及させることも仕事であり役目なので、他社の製品より優れているのはどんな点かという魅力もしっかりアピールして売り込む必要があります。

効果や効能を詳しく説明できる知識を備えておくことがポイントということは間違いありません。

 

注意しておかなくてはならないポイント

製薬業者の営業というと、医薬品を医師や薬剤師に売り込むことが仕事だと考えてしまいがちであり、納品数や値段の交渉なども直接的に行うとイメージしてしまいがちではないでしょうか。

しかし実際には、値段交渉や納品数といった医薬品の商品に関して直接交渉をして売り込んでいくことはできません。

あくまで情報を売るということを頭に置いておくようにしましょう。

近年では製薬業者でも医薬品ばかりではなく、ジェネリックや健康食品などありとあらゆるものを製造販売するようになっています。

日々新たに開発される医薬品やジェネリック、健康食品に関してしっかり学んでおきどんな効果や効能がありリスクはないのかなど細かく説明できる必要があり、知識と情報が仕事をする上では欠かせません。

自分だけが理解していても意味がなく、相手に伝わりわかりやすいように説明できるコミュニケーション能力も求められる仕事ということは頭に置いておくようにしましょう。

 

信用を売ることが仕事の一つとなる

医師や薬剤師といった医療従事者に対して医薬品の情報を提供するという仕事内容であり、日々の診療に役立つ情報を提供するのがMRです。

しかし医師や薬剤師は、命や健康に直接的に携わる職業であり、医薬品を導入するときにも慎重に吟味していることは間違いありません。

そんな中で、ただ医薬品の説明と情報を提供してもすぐに受け入れてもらえる方が珍しいと言えます。

自社の薬をより多く導入してもらうためにも、まずは信頼されることから始めなくてはなりません。

製薬業者の営業としての第一歩は、信頼をつかむことと考えておくべきであり、信頼を買ってもらうことに専念するべきです。

他社が販売している医薬品と、自社の医薬品でそれほど決定的な違いがあるということがないのが通常です。

似たような医薬品の中から選ばれるためには、いかにコミュニケーションをしっかりと取り日頃から信頼関係が成り立っているかにかかっていることは間違いありません。

近年では製薬業者の営業としての求人も増えており、専門の求人情報サイトとなればその数は膨大にあると言えます。

しかし、だからと言って誰もが採用となっているわけではありません。

医薬品に関してある程度基本的な知識を持っているのかはもちろん、医師や薬剤師とうまくコミュニケーションを取ることができ信頼を得ることができるのかが採用に繋がるのかの分かれ道となります。

勤務先により給与や休日など、異なる点は多岐に渡りますが基本の仕事内容には大差はないということは頭に置いておくようにしましょう。

 

製薬業者の営業は、医薬品を直接的に価格交渉をしたり納品数を増やすなどの交渉をすることが仕事というわけではありません。

医薬品を始め取り扱っている商品やサービス内容の情報をわかりやすく相手に伝え、理解し興味を持ってもらうことが仕事と言えます。

売っているものは商品ではなく信頼といっても良いのではないでしょうか。

サイト内検索
記事一覧