製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬工場でのルールとは?

現在日本にはありとあらゆる職業がありますが、その中の一つであり近年人気を高めているのが製薬業界です。

製薬業界となれば、特別な資格やスキルが必須と考えてしまいがちですが、一口に製薬業界と言っても様々な職種があり、薬品の開発や研究を行うポジションで資格が必須というものもあれば、サポートとして働く事務など様々な立場の人が携わって、安全な薬を提供しています。

資格やスキルを必要とせず、未経験でも就くことができる製薬業界の職業の一つに製薬業者の工場に勤務するという方法があります。

 

衛生面のルールは厳しくなっています

一口に製薬業界と言っても企業数も多くなっており、老舗企業の場合には建物は古くなっていて外観は綺麗とは言い難いところもあります。

しかし老朽化はあっても防虫対策をしっかりとしていたり、会社ごとに違いはあれど衛生管理に関しては非常に厳しい基準が設けられているということは確かです。

工場で勤務する人だけで衛生管理をしているのではなく、定期的に薬務課が不備がないかチェックをしにやってくることになります。

重度の指摘を受けているにも関わらず改善されていない場合には、製造禁止という厳しい処分となります。

しかし人の命や健康に携わることだからこそ、厳しい衛生管理は当然のことです。

衛生的であり、原料に間違えが起こらないようにするのはもちろん、最終的な梱包などの段階でも気を抜くことは許されません。

一人ひとりがしっかりとした責任感を持ち意識して働く必要があります。

細かなルールが決まっているからこそ、一度覚えてしまうと比較的簡単に行える業務であり、経験がない人でも働ける現場が多いです。

 

身だしなみや行動にも細心の注意が必要です

身だしなみに関してもしっかりとしたルールがあり、製薬工場では会社が準備している決まった服に着替えて作業を行なっていくことになります。

基本的には顔しか皮膚が露出していない服で、髪の毛も出してはいけません。

製品に髪の毛や埃が入らないようにするためであり、工場内に入るときには着用が必須となっている現場が大半です。

髪の毛は出すことがないので、髪型に決まりがあるわけではありませんが髪の毛が出てしまう可能性がある髪型は避けておくべきです。

爪に関しても手の爪は短く切ると決められているケースもあります。

整髪料をつけてメイクをすることで、作業に支障が出てしまう恐れがあるので控えるというケースが大半です。

工場内では走り回ると埃も舞ってしまうので、走らないようにするなど行動も十分気をつけておかなくてはなりません。

先輩や上司の言うことに従いルールを守っていく事が大切な職場ということは、間違いないのではないでしょうか。

 

連絡や報告もしっかり行う必要があります

工場では定められている細かなルールに従って作業を進めていくことができ、ミスをしないということが非常に重要になってきますが、それのみで良いというわけではありません。

急な追加の製造や納品が必要になるなど、繁忙期ともなればより臨機応変に対応することができなくてはなりません。

工場での勤務は一人ではなく複数人で行うことになり、規模の大きな工場となれば人数もかなり多くなるのではないでしょうか。

一人だけで納得しても意味がなく、変更があった場合や不具合が生じた際には連絡や報告もしっかりと行わなくてはなりません。

コミュニケーションをしっかり取ることができるのかも、工場に勤務する上で必須となってきます。

何か指導や連絡があった場合には、速やかに周りの人にも伝えるとルールで決まっている工場もあるので、会社のルールに従って行動するようにしましょう。

 

製薬業界で資格やスキルがなくても就ける可能性がある職業の一つに、工場で勤務があります。

しかし他人の命や健康に携わる職業ということに関しては工場も変わりないことであり、安全や品質管理に対して厳しい視点をもち、責任感がある人に向いている職業と言えることは確かではないでしょうか。

医薬品や健康食品など工場により扱っている種類にも違いはありますが、人体に影響を与えるものということはどの工場に勤務していても変わりはありません。

製薬工場は、人体に影響のある薬関連の製品を扱う大事な仕事であり、些細なミスが大きなトラブルに発展してしまう可能性も秘めています。

それぞれの現場ごとに細かなルールには違いがありますが、衛生面に気をつけミスのないように細心の注意が必要ということはどこも同じということは確かと言えます。

 

 

サイト内検索
記事一覧