製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者に就いたらどんな時にやりがいを感じる?

現在日本にはありとあらゆる職業がありますが、その中の一つであり、近年人気を高めている働き先となっているのが製薬業者です。

一口に言っても様々な職種があり、試験の適切な実施や遂行の調査業務を行う人や、医療情報のスペシャリストとなるMRだったり、製薬サポート事務など行う仕事は様々あります。

製薬業界は、一般的な仕事と比べると給与が高い傾向にあるのも人気の理由の一つです。

人気があるとなれば、働き先を探すのは難しいのではないかと考えてしまいがちですが、外資系の製薬の会社が積極的に中途採用を行っているということや、専門的な知識が必要になるポジションが多いことも関係しており、人手を求めているところが多くなっています。

いざ働こうと考えたときには、どんな働き先でどんなポジションが良いのかや、どんなときにやりがいを感じるのかなど、気になる点は多々あるのではないでしょうか。

事前にある程度ポジションによる仕事内容の違いを理解しておき、自分に適している働き先とポジションを選ぶことが成功への第一歩ということは頭に置いておくようにしましょう。

命や健康を支えることができる仕事

長い人生を送る中では、怪我をしたり病気になってしまうことは避けられないことの一つであり、こういった病気や怪我を治すための医薬品を開発したり、生産や販売することが仕事となっています。

人の命や健康に携わるものを商品として扱うということもあり、高い倫理観をもつことが求められます。

研究職として新薬の開発をしたり研究をしていくポジションの人はもちろんのこと、営業職に携わる社員であっても、専門的な知識が必要とされており、誰もが就くことができるというわけではなく、働く際にはミスは許されません。

大きく分けると研究職や開発に携わるポジションと、営業というポジションがあり、仕事の内容には大きな違いがありますが、どちらも命や健康に携わる責任があると同時にやり甲斐もある職業ということは間違いないと言えます。

研究や開発に携わる人のやりがいとは

研究や開発に携わる技術系のポジションでは、新薬を生み出すというだけではなく、すでにある薬の改良版だったり、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品を生みだすことも仕事の一つであり、薬の作用やメカニズムの解析や合成、臨床試験を繰り返して行なっていくことになります。

他人の命や健康に携わるからこそ、薬の安全性を確立するために、十年単位の時間が必要とされることも珍しくはありません。

しかし時間と手間をかけるからこそ、高い効能や効果をもつ薬を生みだすことにもつながっていきます。

製品が上市することによって、昇給や昇進が早くなるのはもちろんのこと、通常では新薬開発の場合には特許権を取得するので、新薬の利益に応じた特許報酬もあり金銭面で目に見えて成果があれば、よりやり甲斐も感じることは確かです。

しかしそれだけではなく、多くの人から感謝されるというのも大きな魅力ではないでしょうか。

自分の行っていた研究が成功して製品が上市した場合には、達成感や喜びは何ものにも変えがたく、大きな社会貢献にもなります。

営業のポジションのやりがいについて

営業職となれば、飲み薬や塗り薬、液剤など、様々な医薬品の情報を取り扱うことになり、医療現場に正確な情報を提供するのが主な仕事内容となってきます。

情報提供だけではなく、セールスも行うことになります。

医療従事者と直接関わるので、患者に何らかの副作用やトラブルが出てしまってはいないのかや、どのような良い効果があったのかという情報もすぐに得ることができます。

いかに製品を多くスピーディーに販売することができたかという実績が、昇進や昇給が早くなることに繋がり、金銭面で目に見えて成果がわかればやり甲斐を感じることになるのではないでしょうか。

そのためには、決まったマニュアル通りに行動をすれば良いというばかりではなく、それぞれの相手に合わせて機転をきかせて創意工夫したり、自分で戦略を立てたりすることが求められてきます。

まとめ

製薬業者では工場で働く人ももちろんいますが、そうなればやりがいはあまり感じないのではないかと考えてしまいがちです。

しかし、工場での職務では、いかに労災やトラブルを起こさず、安全に安定した製品の製造を行うことが求められることになります。

研究や開発、営業に限らず工場での職務も安全で確実な医薬品を多くの人の手に届けるためには必須なポジションということは間違いありません。

製薬業者では様々な仕事内容があり、資格を要するものもあれば特に資格を必要としないポジションもあります。

しかしどのポジションにも必ずやり甲斐を感じる点があることは確かであり、その全てが人の健康や命に携わる仕事内容だからということは間違いありません。

やり甲斐を感じるタイミングというのは人により違いがありますが、どの場合でもそれぞれに適している人が職に就くことによってやり甲斐を感じることになるのではないでしょうか。

働こうと考えた場合には、自分に適しているポジションどんなときにやり甲斐を感じることができるのかということを考えておくと、ミスマッチを防ぐことにも繋がるのではないでしょうか。

サイト内検索
記事一覧