製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者に入社する際の志望動機を考えよう

薬剤師の国家資格を保有している人は、専門職を募集している薬剤系の企業に応募することができるようになり、高待遇で迎え入れてくれる会社もたくさん見つけることができます。

薬剤師の主な就職先としては、ドラッグストアの店舗スタッフ調剤薬局の処方箋受付製薬会社の研究職等があり、公務員として保健所に勤務する道などもあります。

それぞれの就職先では薬学の知識は必要となりますが、働き方は活かすことができるスキルに違いがあるので、自分に合っている職場を見つけることができれば、やりがいをもって働くことができるようになるでしょう。

薬剤師の働くことができる職場の中でも製薬業者は、新薬の開発既に販売されている薬剤の改良などが主な仕事となっているので、薬学の知識を活かして薬の開発に携わりたいという人には向いているでしょう。

製薬業者にも薬の種類に応じて様々な会社があるので、自分が携わりたい会社を選んで求人対策を行うと良いでしょう。

狙っている会社に採用されるためには、その会社の志望動機をじっくりと考えて、抽象的な内容とせずに具体的な内容にすることがとても重要となります。

製薬業者の研究職は薬剤師の中でも花形の仕事だと言えるので、希望している会社に入ることができれば、やりがいをもって働くことができるようになります。

まずは製薬業者の会社理念等を研究することが必要です

製薬会社は、薬の開発や普及を通じて世の中の人の役に立つことを考えて経営を行っているので、企業理念を必ず確認することが重要となります。

ホームページがあるような大きな製薬業者であれば、ウェブサイトのトップページや経営者のコメントなどを掲載していることが多いので、必ず目を通しておくことが必要です。

その企業が考えている理念などをしっかりと理解しておくことで、求人に応募する際に記載する志望動機や自己PRの書き方なども工夫することができます。

ウェブサイトの他、企業のパンフレットなどにもそういった理念が掲載されていることが多いので、事前に会社説明会が行われている場合には、パンフレットを貰ってよく目を通しておくことも有効となります。

企業の経営に対しての考え方を理解しておくと面接のときに受け答えの方法を考える際にも役立つことになるでしょう。

複数の会社の企業理念を比較してみると、社会貢献に対してのそれぞれの会社の考え方の違いが見えてくることがあるので、第一志望の会社だけではなく、その他の複数の会社の情報などを見てみることも良いです。

その会社が扱っている製品の魅力なども理解するとよい

製薬業者はそれぞれその会社の中心となる主力商品を持っていることが多いので、その主力商品の開発の歴史や魅力なども調べておくと志望動機を考える際に有利になります。

ウェブサイトなどで主力商品について調べておくと応募書類作成や面接対応に役立てることができるでしょう。

自分がこれまで培ってきた大学での研究の内容過去の業務経験で携わってきたプロジェクトなどが、その主力商品の開発、科料にどのように活かしていくことができるかをアピールするのも良いです。

主力商品のさらなる発展に貢献してくれそうな人材であれば、企業の採用担当者からの印象もかなり良くなり、評価も高くなることが期待できます。

製薬会社の主力の商品の良い所をしっかりと理解していることで、面接のときもその内容に触れながら受け答えをすることができるようになります。

就職支援会社からアドバイスを盛り込むのもよいです

薬剤師の国家資格を持っている人が応募することができる仕事はかなり専門性が高い会社が多いので、幅広い職種を取り扱っている就職支援会社では扱いがないことが多くなっています。

製薬業者や薬学に関わる仕事の就職支援にはその業界に関しての知識も必要とされるので、薬剤師の仕事に特化している就職支援会社を利用することとなるでしょう。

そういった専門の就職支援会社のコンサルタントは、製薬業者への就職をサポートしてきた経験もかなり豊富なので、会社ごとに有効となる対策を教えてくれます。

応募を希望している会社ごとに対策を立てることができれば、ライバルに差をつけることができる志望動機なども作ることができるでしょう。

経験豊富な就職支援会社のコンサルタントに志望理由等の添削をお願いすることで、徐々に良いものを作ることができるようになります。

 

製薬会社では、やる気がある人材や会社の発展に貢献してくれる専門スタッフを広く募っているので、志望動機がしっかりとしている人を採用することが多いでしょう。

薬剤師の国家資格を持っている人が応募条件となっていることが多いので、ライバルとの専門知識の差はほとんどないと考えて、自己アピールや志望動機でライバルに差をつけることが必要です。

少しでも企業の採用担当者から評価を受けるためには、手を抜かずにしっかりとした志望動機を練り上げることがとても重要となるでしょう。

専門知識が要求される薬剤師の就職活動においても、企業対策や自己アピールなどがとても重要となるので、対策をしっかりと講じることで第一志望の会社に入ることができるようになるでしょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧