製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者のブラック企業を見抜くポイントは?

東京には、数多くの製薬業者による求人情報が展開しています。

地方出身者ならば、土地勘もなく、情報収集も難色を示しがちです。

また、優良企業ばかりではなく、中にはブラックと呼べるような企業の存も気になる点です。

見抜くポイントがあるとすれば、いったいどういった点を確認すべきなのでしょうか。

また、見抜けない時に支援してくれるサービスなどがないのか、こうした点もしっかり確認しましょう。

 

土地勘がないからエージェントを活用する

今や、ホームページを開けば、製薬業者が公開している求人情報数は桁外れに沢山あり、その中から条件にマッチする製薬・医薬企業を見つけることも比較的簡単にできます。

ですが、一人で就職・転職活動をするには、客観的な意見が聞ずに、入社したものの、理想と現実とのギャップを感じてしまい、離職することになる可能性も否めません。

東京に土地勘もなければ尚更でしょう。

企業を選ぶ際には評判をリサーチし、入社してからトラブルが起こらないように注意しなければなりません。

求人を見つけたなら、見学が可能なのか、人間関係などを含めて、働きやすい職場かを確認しましょう。

面倒ともなる求人情報集め、これを任せてしまうことができるのが、コンサルタントが籍をおく、就職・転職エージェントサービスなのです。

また、誰もが企業に勤めるにしても気に悩むのが「ブラックと呼ばれる企業」ではないでしょうか。

製薬業者のブラックと呼ばれる企業を見抜く、その目に優れているのも専門のコンサルタントです。

東京都内を商圏にしている製薬業界専門であれば、製薬業界・業者のこと詳しく知り尽くし、理解しています。一

般的な職業と異なり、特殊・専門業界でもあり、CRAや製薬サポート事務など、仕事も多岐に渡ります。

ですから、コンサルタントも詳しい知識を持っていることが要求されるワケです。

ブラックと呼ばれる企業に関する情報の一つや二つは持っているはずですから、土地勘のない地方出身者ならば、活用しない手はありません。

 

残業などで休みなく働く環境には注意が必要

無料で求人を掲載できるフリーペーパーを利用している企業には注意が必要で、採用に力を入れずに、来るもの拒まずといった企業が少なくありません。

就職・転職活動をするなら、福利厚生をまずは重視しましょう。

例えば、MR職は給与が高めの設定ですが、成果次第、いわゆる完全歩合制で働く場合、毎月の収入は一定ではありません。

仕事量が多いのは致し方ないものの、連日残業に追われたり、休みなく出勤する、勉強のノルマもある、こうした積み重ねがその内大きくなり、社会人うつなどの精神病を発症する問題に繋がるようです。

製薬業者のブラックと呼ばれる企業を見抜くには、他と比較して高い給与水準であるなら、激動の職務環境の企業でないのか、環境も重視しましょう。

月間の目標達成率などもあるでしょうし、歩合制ならば大きなプレッシャーが生じてしまう場合もあるので、福利厚生に関して充実していることはポイントです。

リフレッシュ休暇が設けられていたり、育児休暇や介護休暇も必要ですし、企業内に精神科医や保育士などがいることも活躍する上でポイントになりそうです。

 

社員のやる気などを面接時に確認してみる

実績の中で積み上げた企業とのパイプ、これを活かすのがエージェントサービスのウリでしょう。

大手のみならず、ブラックと呼ばれる企業は経営難となる中小のバイオベンチャーなどにも少なくありません。

エージェントサービスでは、製薬業者を分析しており、全体的にコンプライアンス意識が高い企業のみを紹介してくれます。

製薬業者のブラックと呼ばれる企業を見抜くには、数字もポイントで、離職率も確認してみましょう。

また、面接の段階で見抜けることもあります。

面接官や社員の様子、ノルマが掲げてあるボードなどを確認してみましょう。

もちろん、エージェントサービスを利用することによって、面接に同行してくれたり、面接対策にも努めてくれますし、交渉などまで担ってくれることもあります。

面接先の社員が疲れきっていないのか、やる気ない雰囲気はすぐに見抜くことができます。

また、日曜や祝日、深夜帯に電話やメールで求人内容を問い合わせてみましょう。

深夜まで残業しているならば、夜間にもすぐに返信があります。

また、日曜などに電話対応しているならば、休日出勤しているのか、こうした事柄までも簡単に確認できます。

 

さらに、雇用契約書には目を通しておきましょう。給与の内容から退職金に関して、様々な記載がある中でも、気になる事柄に何の規定も書いていないのなら、ブラックと呼ばれる企業の可能性も否定できません。

採用を辞退すべき、そうした線引きにも繋がります。

製薬業者の悪い評判というのは、意外にも気付くことができないものです。

ブラックと呼べる企業を見抜くポイントとしては、専門家の意見を聞くことや専門家に一任することも一法す。

また、自力で見抜きたいなら、社員の志気などを見ることもポイントになっています。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧