製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

メディカルドクターとして製薬業者で働く魅力とは?

医師ともなれば、病院で働くというイメージがありますが、それ以外にも活躍の場は多々あります。

多くの医師が臨床の道に進む中、創薬や育薬の世界で活躍している医師もいます。

製薬業者など、日本の製薬関連会社で働く医師のことをメディカルドクターと呼んであり、病院で働く医師とは異なる仕事内容となっています。

製薬会社で勤務する医師は大きく分けると三つの部門があります。

それが臨床開発部と安全性情報部、そしてメディカルアフェアーズ部です。

製薬業者で働くために必要となるのは、基本的には医師免許があれば良いとされており、医師免許以外に必要な資格は、製薬会社ごとに異なることになります。

 

勤務の状況に関する魅力について

MDの仕事は決して楽というわけではありません。

大学病院や地方の病院などで、医師として働くとなれば、かなり長時間の労働を強いられているケースが多くなっており、そういった働き方をしていた勤務医ならばMDに転身することによりかなり楽に感じるのではないでしょうか。

病院となれば、当直やオンコールもありますが、製薬会社となれば当然のことながら、当直やオンコール、そして緊急出勤もないので、精神的にも体力面でも楽に感じるのではないでしょうか。

残業時間に関しても一般的なサラリーマンと大差なく、企業による違いももちろんありますが、土日や祝日が休みだったり、フレックスタイム勤務が可能、週に一度は自宅勤務も可能など、一般的な医療機関ではあまりない働き方ができるというのは、かなり大きな魅力となっていることは確かです。

プロジェクトベースの仕事ということもあり、新しい臨床試験の開始時期や、新製品発売時期などには一時的に忙しくなることはありますが、それ以外にはそれほど忙しくなることはありません。

病院でアルバイトを副業として行うことも可能となっている製薬会社もあるので、そういったところならば医師として患者さんと関わりを持っていくこともできるので、病院を離れることに寂しさを感じている人でも働きやすくなっています。

 

メディカルドクターの給与や手当について

MDとして働こうと考えたときに、気になるポイントの一つとなるのは、やはり収入面ではないでしょうか。

一般的に医師として病院に勤務すると、一般の会社員よりも高い給与がもらえるということもあり、MDになるとどうなるのかが気になるのは当然のことといえます。

具体的な金額ついては、それまでの経歴や各会社の規定による違いが大きく関係してくることになりますが、初めて製薬会社で勤務する場合の初年度年収額の平均的な金額として考えても、一般的な会社員よりもはるかに高いということは確かといえます。

もちろん、次年度からは業績に応じたベースアップも期待することができ、年収額はアップしていくことになります。

医師免許が必要ということは確かであり、誰もが就くことができないからこそ、収入面で期待することができるのは当然のことではないでしょうか。

 

より多くの人の命や健康を助けることができる

MDは臨床医とは異なり患者さんと直接携わることはありませんが、まだ世に出ていない新たな治療法を実際に臨床の場で実用化させることによって、一人の患者さんだけではなく、より多くの患者さんの治療に貢献することができ、多くの人の命を救ったり健康のための手助けをすることができます。

仕事の内容として、新薬開発に携わったり、売り込みをするなど医療の世界に大きく関わることになるので、社会貢献ができていると感じることもできます。

多くの人と携わるからこそ、コミュニケーション能力が高まったりスキルアップにも繋がり将来の自分のためにもなるというのも魅力といえます。

 

メディカルドクターとして働くと一口に言っても、どの働き先を選ぶのかによって仕事内容や給与、勤務時間など異なる点は多岐にわたることは確かです。

しかし、どこで働く場合でも一般的な病院で仕事をする医師よりも、仕事内容が楽に感じることは確かではないでしょうか。

プライベートも充実させたいと考えている人にとっても、かなり適している働き先ということは確かであり、今後さらに需要が高まっていくことが期待できます。

医師免許を持っているならば、活躍の場の選択肢の一つとして視野に入れておいて損はありません。

自分に対するメリットだけではなく社会貢献に大きく繋がるというのも魅力となっている職業です。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧