製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬会社の残業はどれくらいになる?

いろいろな製薬業者があり求人も多くありますが、仕事が忙しく残業する人が多いといわれています。

会社の経営として新薬が出ると会社の状態は安定するので安心感がありますが、勤務時間が長いので辛く他の企業に転職を考えている人もいるでしょう。

製薬会社の部署によっても業務時間は異なり、事務職や研究職ではかなり事情は異なります。

製薬業者の残業時間に関していくつかご紹介します。

 

残業時間は多いがフレックスなどで対応可能

上場している製薬会社において新薬開発に従事している人の残業時間は30~50時間ぐらいと言われています。

中には月80時間になることもあり、忙しい毎日が続くでしょう。

同じ製薬会社でもジェネリック製薬会社の場合は勤務時間に関して少なくなるので転職するには魅力的です。

しかし先発医薬品の開発メーカーへの特許などに関する対応を間違えると、会社自体の存在が問われることになるかもしれません。

経営の安定性を考えるなら、ジェネリック製薬会社よりも新薬開発会社の方がおすすめです。

もちろん特許に関する業務が確実に行われていることが前提になります。

ジェネリック製薬会社に転職するなら、会社の特許部や特許訴訟などを起こしていないか事前に調査しておくと安心です。

問題なければジェネリック製薬会社に安心して転職することが可能です。

尚、ジェネリック製薬会社も新薬製薬会社でも研究職の場合、残業は月80時間以上になることがあります。

毎月ではありませんが業務スケジュールによっては長時間労働を行うことがあるので、心の準備をしておくとよいでしょう。

大手製薬会社になると福利厚生などがしっかりしているので、振替休日やフレックスタイムを導入しているところが多いので上手に業務時間をアレンジすることが可能です。

また、中にはキャリアアップのために一旦大学に戻り、博士号をとってから企業に戻っている人などもいます。

 

合成研究職の給料は高めに設定されている

ジェネリック製薬会社の特徴として給料が多く、残業が少ないというメリットがあります。

ジェネリック製薬会社の場合は基本的に医薬化合物などの合成研究を実施しないので、一般的に特許切れの合成プロセスに関する研究がメインの仕事になります。

どのようにして利益を出すかや製造プロセスのコストを抑えるなどの研究を行うので、毎月の残業時間は平均30時間です。

50時間になることがときどきありますが、新薬を販売するメーカーより研究開発コストが抑えられ、これらの費用が還元されるのでその分給料に反映されています。

新薬開発メーカーは研究などの開発費に高額の費用をつぎ込んでいるので、薬剤の価格を下げることができないようになっています。

ジェネリック製薬会社の場合はリーズナブルな価格で医薬品をリリースすることができるので、売り上げの伸びしろはかなり大きいと言えるでしょう。

ジェネリック医薬品は売り上げを伸ばしていて、特許に関する部門や知的財産部などがきちんと業務を行っていると問題はありません。

新薬の製薬会社において医薬化合物などの合成研究を担当していると残業時間は50時間を超えたり、80時間くらいになるケースがあります。

とはいえずっと体を動かしている仕事ではなく、反応時間はしばらく時間が空いたり文献などを読むことが可能です。

身体全体を酷使するといった状況ではありませんが、目が疲れたり肩がこるなどの症状が起こる可能性があります。

製薬会社の年収は20代でも500万円以上のところが多く、他の業種と比べるとかなり高い方です。

医薬化合物などの合成研究の研究職は製剤や薬理などの他の研究職と比べると出世が早いと言われていて、給料が上がるスピードが速いところが多いでしょう。

給料が良かったり会社が安定しているなどのメリットがありますが、中には退職する人も多くいます。

現実問題としては人間関係で会社を辞める人が多く、残業時間だけが問題で退職する人は少ないでしょう。

入社したての頃はいろいろな雑務を任せられることが多く人間関係などに悩むことがありますが、キャリアアップを重ねることによって仕事も楽になったり人間関係も改善されるケースがあります。

基本的に医薬化合物などの合成研究職になると会社が変わったとしても勤務時間はそれほど変わらないので注意が必要です。

 

外資系製薬会社は英会話能力が必要

外資系の製薬会社の場合でも、医薬化合物などの合成研究職の場合月50時間残業している人が多くいます。

年収は20代で500万円ぐらいなのでそれほど変わりません。

しかし10年後の年収については大きく変わっていて、外資系製薬会社の場合中堅企業より200~500万円ほど高い給料をもらうことが可能です。

特に外資系製薬会社は勉強会などを自主的に開催していて、技術レベルが高い人が多く研究者の質が高い人が集まっています。

自分の能力をアップするには良い環境で、転職してくる人が多いです。

外資系製薬会社での研究職の場合、競争力を強化するため多く求人を出している傾向があり、転職したい人は専用転職サイトに登録したり斡旋してくれる企業に相談してみると良いでしょう。

製薬会社に勤務している人の中にはキャリアアップに熱心な人が多く、最終的に高い年収を得るためいろいろな努力を行っています。

尚、外資系製薬会社に入る場合は英会話の能力が必要になるので、自宅や休日などで英会話を勉強しておくことをおすすめします。

 

製薬会社は年収が高く設定されていて、安定したイメージがあります。

合成研究職の場合残業時間は平均30~50時間ぐらいで、80時間を超えることもあるでしょう。

キャリアアップ志向の人が多く、勉強会に参加したり転職している人が多くいます。

 

サイト内検索
記事一覧