製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者の工場での仕事内容

今の時代はありとあらゆる職業があり、選択肢が豊富というのは良いことと言えます。その中ではなじみがあまりない職業もあるのではないでしょうか。あまり多くの人が関わる方がない職業の一つに、製薬業者があります。関わることはなくても、健康や命に関わる大切な職業の一つであり、製薬会社で働いてみたいと感じる人も少なくはありません。

しかしいざ働こうと考えた場合には、どのような仕事内容なのかわからなくて不安になるという人も多いのではないでしょうか。薬と一口に言っても錠剤粉薬塗り薬はもちろんのことサプリメントなど様々なものがあり、製造されたものは病院薬局ドラッグストアなどで販売されています。製薬会社といっても様々なポジションがあり、会社による違いも大きいですが、製薬会社の工場には様々な仕事があります。

 

製薬業者の工場の主な仕事の内容

製薬工場の仕事の内容として主なものは、医薬品などの製造や飲料などの受注、そして生産管理をすることになります。人々の健康や命に関わることだからこそ、仕事もミスは許されません。薬品の品目ごとに品質標準を示す書類が作られて、書類のとおり実践することになります。そうすることで高品質で安定した薬を製造することができます。高品質な状態にしなければならず、厳しい基準になっているので、各工程のたびに厳しいチェックが入ることになり、作業は製造ラインの監視や調合はもちろんのこと、薬品の小分けや包装など、一から十までしっかりと決められた手順を厳格に守って行うことになります。

保管や出荷、配送の際に品質が変化してしまうことがないように、温度や湿度、そして光による影響を考慮しながら作業が進められていきます。清潔環境が徹底され、一定の温度が保たれたクリーンルームで作業することが大半となっていますが、製造するものにより温度や湿度などの環境にも違いがあり、どこでも同じではありません。

研究や試験や簡単な作業が行われることもある

研究や試験を行うこともありますが、当然のことながら研究や試験はしっかりとした資格を取得している人が行うことになり、資格を取得していない人は携わることはできません。一方で難しい仕事ばかりではなく、仕分けやピッキングをしたり、梱包や機械オペレータなど簡単な内容の仕事もあり、これはほとんど未経験という人でも求人に応募することができるものとなっています。

しかし命や健康に携わる医薬品という大切なものを扱う仕事ということに変わりはないので、注射器などの部品の組み立てや出来上がった薬をパッケージに詰めるといった簡単な内容でも、責任をしっかりと持ちながら取り組む必要があります。

気をつけなければならない点とは

製薬工場では顔しか皮膚が露出していない服に着替えることになることが大半です。製品に髪の毛やほこりが入らないようにするためということからもわかるように、衛生面にはかなり気を使わなければならないことは明らかです。薬品を扱う大事な仕事だからこそ、仕事の内容に最新の気を使う必要があるのはもちろんのこと、身だしなみや行動にも十分気をつけるようにしなければなりません。

製薬業者ならばどこを選んでも仕事の内容や環境には大差はないと考えてしまいがちですが、どんな薬品を製造しているのかや仕事の内容、そして給与や勤務時間働き先によって大きな違いがあるということは頭に置いておかなくてはなりません。一般的に見かけることはない働き先だからこそ、どんな仕事をしているのかということをイメージのみで決めつけるのではなく、自分の目で見てから判断することが大切になってきます。

衛生面の問題から実際に見学をさせてもらうことができるケースはそう多くはありませんが、求人情報サイトでサポート体制が整っているところならば、見学ができるところを教えてくれたり、条件の交渉もしてもらうことができます。特殊な仕事の一つだからこそ、専門の情報サイト利用してより良い働き先と自分にあっている仕事の内容のところを選ぶようにしておきましょう

 

医薬品などは景気に左右されることがあまりないということから、毎月の給与はもちろんのことボーナスなどが大幅に減ってしまうということもあまりない、安定した職業の一つとなっています。仕事の内容として、製造をするライン工程がメインなので、簡単に感じてしまいがちですが、他人の命や健康に携わる責任も重大な仕事ということは間違いありません。集中力があり、真面目な人に向いている仕事内容であることは明らかではないでしょうか。

どのような職業にも当てはまることではありますが、同じような仕事の内容の求人でも、実際に働くと環境や仕事の内容に大きな違いがあるというケースはかなり多いです。基本的にどんな内容なのかという一般的な基準やイメージのみで決めてしまうのではなく、実際に働いたらどんな仕事をするのかということをしっかりと調べてから決めるようにしましょう。ある程度内容を把握することで、イメージとのギャップもなくなります。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧