製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者への転職に向いている人の特徴


製薬業界は景気に左右されたり影響を受けにくいということもあり、給与が安定しているという理由で人気を高めている職種の一つとなっています。製薬業界と一口に言っても様々な働き先があり、その中の一つに製薬業者があります。

医薬品を開発したり生産や販売をするなど、様々な仕事内容がありますが、人手が不足している働き先も多いことから求人も豊富にあります。専門の情報サイトならば、かなり好条件なものもあることから、転職して製薬業界で働こうと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、誰もが転職に成功しているというわけではありません。そもそも採用にならないという人もいますが、それよりも問題となるのは、転職したにも関わらず合わなくて辞めてしまい何度も転職を繰り返すということではないでしょうか。そうならないためにも、自分には製薬業界で働くことが向いているのかどうかということを事前にしっかりと考えておくことがポイントとなってきます。

丁寧でミスのない作業ができる人

製薬業者が取り扱う医薬品やサプリメントなどは、人々の命や健康に携わる責任重大なものであり、些細なミスが重大な事態に発展してしまうということも珍しくはありません。製薬業界は他人の命や健康を守ることができる、やりがいもあり素晴らしい職業の一つですが、その一方では他人の命や健康に関わる被害をもたらしてしまう可能性も潜めています。

研究職や開発職に携わるポジションとなれば、実験や治験で積み重ねていくデータが、医薬品の安全性を守るためにどれほど重要なものかを理解しているのは当然のことですが、医薬品やサプリメントの箱詰めや包装といった簡単であり、一見責任はなさそうに感じてしまうようなポジションでも、責任をもって業務にあたって、ミスのないように確実な作業をしていかなくてはなりません。

大雑把な性格の人場合、仕事も雑になってしまうので、向いていないのは当然のことではないでしょうか。向いているタイプの人は、何事に対しても几帳面であり、丁寧な作業ができる人であるのは当然のことといえます。製薬業界に転職を考えた場合には、丁寧で几帳面な性格かどうかを考えてみるようにしましょう。

正義感や責任感がある人が向いている

他人の命や健康に関わることということもあり、目先の利益や自分の損得に左右されて仕事をしてしまう人は適しているとはいえません。製薬業界では近年どの企業もコンプライアンスの違反を厳しく罰するようになっていることから、疑わしいと思われてしまう行動をとるとすぐにトラブルになってしまうので気をつけなくてはなりません。高い正義感と最後まで投げ出さないという責任感を強く持っている人でなければ務まりません。

向上心があり学ぶことができる人

医療の世界は日々進化していき、医薬品やサプリメントも、変化する厳しい規制の中で、高品質であり尚且つ確実に安全な製品づくりが求められることになります。新薬は今後も更に研究開発されることは確かであり、それに伴って扱いやすさや飲みやすさも追求されていくことになります。

製薬業者となれば様々なポジションがありますが、まずは工場配属から始まることが大半であり、徐々に任される生産ラインの規模が大きくなっていくことになります。製薬業界の場合には、取得している資格やスキル、そして経験の有無なども関係しており、他の部門への異動や、別のキャリアも目指していくことができるようになります。

向上心があり、日々変化していく医薬品に対応して学ぶことができるかどうかが重要になってきます。他人の命や健康に携わるからこそ、厳しい規制があるのは当然のことであり、その中でも技術革新のために積極的にアイデアを提案することができたり、新規技術の導入などにも挑戦できる人というのも向いているタイプの一つといえるのではないでしょうか。研究部門をはじめとして、様々な部門や製造現場とのパイプ役となることができる、コミュニケーション能力がある人は適しているといえます。

 

責任感があり日々変化していく環境に対応していくことができることが大切になってきます。責任感がないと務まらない仕事内容であるということは頭に置いておくべきです。製薬業界に転職するとなれば、資格が必要になってくるのではないかと考えてしまいがちですが、工場で製造をするなどポジションによっては資格がなくても働くことができるところもあります。

どんな働き方をしたいのかということも考えて求人を選ぶようにすることがポイントとなってきます。どんなに好条件の働き先でも、全ての人に適しているとは限らないのと同様に、製薬業界も向き不向きがあるということを頭に置いておかなくてはなりません。正義感と責任感があり、丁寧で確実な仕事をすることができる人が適していることは明らかであり、大雑把な人や細かい作業が苦手という場合には、本当に働きたいのかということをよく考えるようにするべきです。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧