製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者のMRとMSの違いとは?

MR及びMSは、いずれも医薬品を売り込み浸潤させるという共通した目的を持っています。

しかしながら実際には、はっきりとした区別がされているにもかかわらず、あまりその相違点は周知されていませんし、一般人にとって理解しにくい部分があります。

ですから、求人の応募を考えている人にとって、相違点をしっかり理解することは重要になります。

 

MRとMSの仕事の内容の主な特徴

MRとは、メディカルレプレゼンタティブを省略したもので、製薬業者の営業を指します。

役割については主に情報提供及び収集であり、販売ということではないため、医薬品価格を交渉する権限はなく自分の会社の製品の説明をお医者さんに対して説明する業務内容になります。

医薬品に関しては長期に亘って開発され、世に送られます。

薬にどういった効果効能があり、さらにどういった懸念があるのか、病を患っている方に対してリスクはあるのか、効果の有無などをお医者さんに対して通達することが多岐に渡るのでこのMRの仕事は欠かせないものとなっています。

次にMSについてですが、マーケティングスペシャリストを省略したもので、医薬品販売を主に生業とする営業担当者を意味します。

しかしながら、医薬品販売して永続的に提供することを目標としているとはいえ、扱っている製品情報を集めることも販売には求められますから、MRと同じような部分があります。

情報収集の中身はMRと比べて変わり、前者が自分の会社の製品情報について扱っているのと比べ、後者はインフルエンザであるとか花粉症といった季節性の病気や、今の時点で流行している疾病の情報収集が中心となります。

それに加えて、現在活用されている医薬品情報を製造メーカーに対して伝達するという役目も担っているため、後者はお医者さんと製薬業者の間に属しているということになります。

MSは値段交渉をする権利を持っていて、病院にダイレクトに販売する時にこうした権利が利用されます。

多種多様な製造メーカーの製品を卸売するので、広い範囲の専門的な知識が必要になります。

仕事の内容から理解する相違点とは

重要な情報を集めなければならない点、あるいは医薬品を浸潤させるという点など、類似している業務の内容も多いことからそれほど異なる点はないように見えますが、行なっていることには違いが見られます。

MRに関しては製造メーカーの営業、MSは商社の営業であり、医療機関は客と例えれば理解しやすいです。

医薬品だけに限らず、製造メーカーが作製した製品は概して商社に売られ、商社サイドから小売店そして、小売店サイドから一般人に渡るという流通ルートが通例です。

医薬品のケースでは小売店といった行程は省かれますが、大部分はこうした一連の流れと変わらないといえます。

製造メーカーが作り上げた医薬品が商社へと渡って、商社サイドから医療機関へとリリースされていきます。

製造メーカーは自分の会社の製品を一層よいものにするため、あるいは安全に利用してもらうためにお医者さんと情報をシェアします。

卸売業に関しては、手に入れた製品を医療機関に手にしてもらうために、現時点で流行している疾病の重要な情報などを集め、製品をその重要な情報と一緒に医療機関に販売することになります。

そのように考えると、製造メーカー側のMRは医療機関に対し価格交渉する権利が存在しないのは当然と考えられますし、医薬品販売を目標としている商社側のMSは値段交渉権があるのも理解できます。

販売した後の調査に関する両者の相違点

薬剤師はMRと比べてMSのほうが顔を合わせる機会が多いといえます。

薬局からみれば、MRに関しては自分の会社の製剤の不具合であるとか、活用していて病を患っている方に何事か困難なことはないのかと聞くケースが多いのに対して、MSはおおまかに業務での困り事はないかストック品や薬の全体の消費量はどれ位かと聞いてくるケースが多いといえます。

取り扱っている商品数が違いますし、MRについては所定の薬の専門家であるため、現場サイドから会社にフィードバックする役目を遂行している印象です。

したがって、業務上困難な場合の応対はMSに対して相談を持ち掛けることが多くあります。

 

MSについては、常日頃の営業のための活動によって入手した医薬品に関しての情報もしくはお医者さんや薬剤師サイドからのリクエストをMRへとフィードバックし、必要であれば同行訪問を実施します。

それに対してMRについては最新の製品情報の提供のみならず、MSの営業のための活動に必要不可欠の製品知識を供与します。

医療施設に対して一緒に勉強会を開くなど、両者については医薬品を正しく用いていただくために常日頃から情報の伝達を行いながら、相互の役割を担うために一致協力する重要なパートナーということになります。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧