製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬会社の研究職と開発職の違い

製薬会社の研究職と開発職の違い

製薬会社には研究職と開発職の2つの部門があります。

どちらも製薬会社の根幹となる部門であることは確かですが、それぞれでかなり違う点も多いものです。

就職・転職する際にはどちらを選んだら良いのでしょうか。

ここではそんな気になる点について見ていきます。

 

研究職と開発職について

研究職と開発職の違いとして、

両者ではその存在意義も異なってきます。

〇研究職とは
より学術的な研究を主にしている部門であり、研究職の実際の業務としては、研究所での実験がメインの業務になります。

具体的には物質の合成や製薬を行って、薬品を作り出す仕事が研究職です。

長期間のプロジェクトの中で実験を繰り返し、効果的な薬品を開発することが求められるため、
高いレベルの知識はもちろん、忍耐力も求められますが、
自身が作り出した医薬品によって、人を救うことが出来るというやりがいのある職種です。

それもあってか研究職への就職は激戦で、非常に人気が高いです。

〇開発職とは
研究職にて作成された薬品を市場に出せるように実用化することが主な目的で、臨床試験を行っている部門です。

臨床試験は治験とも呼ばれています。

医療施設で医薬品を試験的に使用してもらい、そのデータを収集して市場に出せるようにすることが仕事です。

具体的には臨床試験を企画・実施し、協力してくれた施設からデータを集め、その統計から効果や副作用を調べ、安全性や効果を確立して最終的に開発された医薬品を販売するまでを担っているため、製薬会社にとって非常に重要なポストです。

研究職と比べると、研究職は社内での研究がメインなのに対し、開発職は施設や機関にアプローチをする部署であるため、毛色が異なる職種ではあります。

どちらがあっているかは人の性格によって変わるってくるのではないでしょうか。

研究職よりも開発職部門のほうがより人員が多いことも少なくありません。

とはいえ、これは会社の方針によっても変わってきますから一概には言えません。

〇研究職は人件費対象になりやすい
ちなみに、会社の経営が傾いて人員削減の必要性がある場合には研究職の人員のほうが切られやすいこともポイントです。

これはある程度しかたないこととはいえ、研究職ならではの脆弱性があることは知っておきましょう。

〇ライバル視するところも
研究職と開発職の違いは端から見るとそこまで大きくないように思えることもありますが、内部で働いている人にとってはかなり違いが大きく見えることもあります。

研究職と開発職で互いに忌み嫌っていて、お互いをライバル視している製薬会社もあります。

逆に良い製薬会社ほど研究職と開発職の関係が良好なところが多いこともポイントです。

就職や転職の際にもどちらを選べば良いかは人によって変わります。

例えば、じっくりと一つのことをするのが好きならば研究職のほうが良いかもしれません。

しかし、刺激をより求めているという人は開発職のほうがおすすめなことも。

〇開発職の方が転職しやすい
転職のしやすさからいえば開発職のほうがより転職しやすいです。

開発職のほうは仕事が見つけやすいですし、開発職の人員はより入れ替えが激しいことも特徴になっています。

このため、転職を考えている場合には開発職を選んでみることも良いかもしれません。

開発職から研究職へ移動することももちろんできます。

むしろ製薬会社によってはこうした人員の入れ替えを推奨していることもあります。

このため、最初は研究職であっても後に開発職として働くこともできます。

このように研究職と開発職の仕事内容はかなり異なってくる点もあります。

どちらにするかはかなり悩むところかもしれませんが、製薬会社によっても研究職と開発職の事情は変わってきます。

そのため、会社見学をして実態を確かめるのも良いかもしれません。

研究開発の仕事はやりがいもあるものですから、製薬会社で働きたい際には検討してみるのも良いでしょう。

 

他の製薬会社へ移る際の注意点

他の製薬会社へ転職する際には気をつけてきたいこともあります。

◆まず、製薬会社は業界的に狭いこともあり、噂なども広まりやすいことには気をつけておきましょう。

新しい会社に行っても以前の職場の同僚と仕事しないといけなくなることもあるかもしれません。

このため、当たり障りのないように前の職場を辞める際には注意しておくことが大事です。

◆転職の方法としてヘッドハンティングもありますが、ヘッドハンティングによって転職するのもおすすめです。

ヘッドハンティングされれば、より自分に合った有利な条件で転職することもできます。

◆また、ライバル製薬会社に転職するのは控えておいたほうが良いこともあります。
ライバル製薬会社に転職することで「あの会社からきたよそ者」と思われてしまうこともあります。

これによって仕事がしにくくなることもあるのです。

◆こうした製薬業界ならではの面倒さもありますが、外資系製薬会社を選んで見るのも一つの手です。

外資系製薬会社であれば、前職が関係してくる煩わしさもありません。

とはいえ、外資系製薬会社は能力重視であり、人によっては息苦しさを感じることもあります。

このため、こうした製薬会社の事情を踏まえて転職先はじっくり検討しておくことが大事でしょう。

良い職場を選べばより楽しく働いていくこともできるようになります。

まとめ

今回の記事では、製薬会社の研究職と開発職の違いについて記述しました。

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめておきます。

★研究職とは
主に学術的研究を行っている部門。
研究室で実験をし、薬品を作り出すのがメイン業務。
高いレベルの知識と忍耐力が求められる。
研究職への就職は激戦で競争率が高い。

★開発職とは
市場に出す医薬品の実用化を行っている部門。
研究は行わず、臨床試験を行う。
研究職が作成した薬品を臨床試験にかけ、データを収集し、薬品を世に送り出すのが業務。
研究職と比べると転職し易い。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧