製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業界へ転職ための面接対策

製薬業者の求人に応募したら、応募先企業で面接は受ける事になるでしょう。採用率を高める為には、何としても面談対策は必要です。面接を成功させるためには、第一に受け答えを考えておくことをしておきましょう。特に志望動機と退職理由は、ほぼ確実に質問されます。また、ビデオ撮影して自分がどのように話しているのかを客観的に分析するのも有効です。

 

面談で質問される志望動機の受け答えを準備する

製薬会社の面談では、必ず人事担当者から複数の質問を投げかけられます。面談の選考基準も色々ありますが、まず受け答えが適切だったかどうかが重視されるでしょう。つまり人事担当者が納得できる受け答えなら、採用率も高くなる訳です。

ところで面談での質問内容は、ある程度パターンも決まっています。採用率を高めたいなら、そのパターンを知っておくのが望ましいです。何といっても志望動機がその1つです。例えばある時に、製薬会社で働きたいと望んだので、人材募集の広告を探してみました。そして魅力的な製薬会社の募集広告を見かけたので、応募する事に決めたとします。さて、あなたがその募集広告を魅力的だと感じたのには、必ず理由がある筈です。様々な募集広告を比較して、特定の案件に関心を抱く訳ですから、何らかの理由があるでしょう。

製薬会社の面談で質問されるのは、その理由の詳細です。具体的にどのような理由があって、応募するに至ったのかは、ほぼ確実に質問されます。質問される以上は、それに対する回答も準備しておく方が望ましいです。具体的にどのように答えれば良いかを準備しておく方が、スムーズに受け答えできる傾向があります。逆に全く準備しなければ、製薬会社の面談会場で悩んでしまう可能性があります。ですから面談を受ける前に、志望動機を自分なりに整理しておくのが望ましいです。

退職理由などの質問に対して具体的に回答する

ところで転職活動をするなら、ほぼ間違いなく退職する事になります。今までは薬局にて勤務していたものの、改めて製薬会社に勤めるなら、前者の薬局は退職する訳です。ところで薬局を退職する以上にも、必ず何らかの理由があります。給料に不満があって退職する実例もあれば、人間関係などの理由もあります。それで製薬会社の面談では、その理由の詳細も質問される訳です。そのため、上述の志望動機と同様に、スムーズに理由を説明できるように自分なりにまとめておくのが望ましいです。これら志望動機退職理由などは、面談にて質問される確率が比較的高いです。まずは、どのような質問が高確率で投げかけられるかを理解しておくようにしましょう。それだけでも十分な面接対策として採用率の効果が期待できます。

その上で、自分なりの受け答えを準備する訳ですが、話はできるだけ具体的にすると好印象です。応募者によっては、どの会社にも通用する受け答えをしている事もあります。しかし、あまりにも一般的な回答内容ですと、かえってマイナスになってしまう事も多いです。例えば「貴社の募集内容と自分の希望が一致したので、応募しました」という回答だと、今ひとつ具体性に欠けています。「自分の希望」といっても、色々な内容が考えられます。それを具体的に話す方が、人事担当者に対する印象も良くなります。抽象的な回答にならないよう、注意が必要です。

模擬の面談を録画するという対策

面談対策の1つとして、ビデオ撮影があります。模擬の面談を行ってみて、自分の姿を撮影してみると、撮影されたそのビデオから学べる点は、とても多いと言えます。例えば面談時の立ち振る舞いなどを確認できるメリットがあります。基本的には面談ルームの扉をノックし、入室します。そして人事担当者に会釈をして、話をするのが一般的です。

ただ問題は、その立ち振る舞いが適正であるか否かです。自分では適正だと思い込んでいても、実際には間違っている可能性があります。上述のビデオで、それを確認してみる訳です。録画で自分の姿を見てみれば、立ち振る舞いが適正かどうかも確認できます。客観的な目線で確認できますから、録画はとても便利です。もちろん動画には、音声も録音されています。その音声を聞いてみれば、面接官の質問に対する自分の受け答えが適正かどうかも分かります。

ですから本番の面談を受ける前に、模擬の面談を行って、録画してみるのは有効です。ただし自分で録画するのは、やや手間が大きいと感じられる事もあります。その場合は、人材サービスの会社に相談してみると良いでしょう。というのも人材会社では、模擬面談のサービスを提供している事があります。専用の機材を使用して、人材会社が録画を代行してくれ、担当者から客観的なアドバイスを受ける事もできます。人材業界での経験が長い担当者のアドバイスを受けられますから、頼もしいと感じている方々も多いです。ですから模擬面談を受けて、対策を施している方々も少なくありません。

 

以上を踏まえて製薬会社の面接対策のポイントは、主に3つあります。

  1. 想定される質問を理解しておく
  2. その質問に対する具体的な回答を準備しておく
  3. 模擬面談で、自分の姿を客観的に見てみる

面接対策をしっかりと行って、あなたが望んだ会社へ入れるチャンスをぜひ増やしてください。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧