製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

未経験でも製薬業者に入社できる?

製薬業者の求人は、未経験でも応募できる場合があります。ただし、それも職種次第です。営業職でしたら、応募する事はできますが、研究職の場合は経験が無い応募者では難しい傾向があります。また製薬会社と一口に言っても様々な種類があるため、応募できるか否かは、会社次第なのです。

応募可能かどうかは研究職か営業職かに左右される

製薬会社の職種は、大きく分けると3種類あります。開発もしくは研究と、営業職です。前者の研究などの職種は、かなり専門性が求められる傾向があります。それに対して後者の営業職ですと、たとえ経験がなくても応募できる事も多いです。研究や開発などの職種は、中途採用の場合は、経験が無いと難しい傾向があります。今までに一度も製薬会社での経験がなければ、転職自体が不可能な事が多いですが、反対に経験があれば応募可能な会社はあります。

では業務経験が皆無では開発職などに応募するのは不可能か、と言われれば、新卒ならば採用される事も多いです。確かに「中途採用」ですと、業務の経験がなければ難しい傾向はあります。しかし新卒採用は、中途採用とは異なり、所定の学校を卒業していれば、応募する事はできます。

新卒として入社するためには、工学関係の学校を卒業している必要があります。もしくは国立大学の薬学部なども応募は可能です。ただし、あくまでも工学関係もしくは国立大学に限定されます。よって工学以外の学部では、たとえそこを卒業していても、応募自体が困難と考えられます。また国立の薬学部と言っても、レベルの問題があります。そもそも国立大学といっても、レベルも多彩です。上位のレベルもあれば、中堅クラスの国立大学もあります。製薬会社の場合は、上位の国立大学を対象にしていますから、中堅クラスでは少々難しいです。

営業職の場合は、話は少々異なります。確かに研究や開発などの職種ですと、業務経験がなければ応募困難ですが、営業職は比較的幅広く採用される傾向があります。ですから応募可能であるか否かは、職種に左右される訳です。

経験が無くても問題ないかどうかは応募する会社次第

ところで薬には、複数の種類があります。最近では、後発の薬も多く出回ってきています。いわゆるジェネリックです。そのジェネリックより前に開発されている薬は、先発と表現されます。先発の薬と比べると、ジェネリックの方が価格も低めな傾向があります。そのため製薬会社も、必然的に複数種類ある訳です。先発の薬に関わる製薬会社もあれば、ジェネリックに関する会社もあります。よって上述の「経験者でないと応募自体が難しい」かどうかは、応募する会社に左右されるということになります。

基本的にはジェネリックの会社の方が、ハードルは高めな傾向があります。確かに先発の薬を開発する会社の場合は、上位の国立大学の薬学部を卒業していれば、新卒採用なら経験者でなくても応募可能です。しかしジェネリックの場合は、研究職では少々困難な傾向があります。なぜならジェネリックの研究職は、かなり特殊な仕事だからです。たとえ上位の国立大学を卒業していても、業務経験が無いと、基本的には応募できません

営業職の場合はというと、ジェネリックでも先発の製薬会社でも、大差ありません。どちらのタイプの製薬会社も、経験がなくても応募する事はできます。しかしどちらの製薬会社も、必ず資格取得が求められます。専門の認定資格を取っていなければ、営業職として働く事はできません。加えて

製薬会社には、下請け企業もあります。製造行程などを受託している企業や、有効成分の合成などを引き受けている企業です。その下請け企業の場合は、上述の先発やジェネリックの製薬会社と比べると、そこまでハードルは高くありません。上位の国立大学の薬学部でなく、業務経験が無い人材でも、研究職として応募する事自体は可能だからです。ただし、それでも薬の専門分野に関わる大学を卒業している必要はあります。

また下請け企業の営業職の場合は、中堅の私立大学を卒業している人材なら、業務の経験がなくても応募可能です。ただし、全般的に理系の方が有利になる傾向があります。つまり経験がなくても応募できるかどうかは、下請け企業ジェネリック先発の製薬会社のどれに該当するかに左右される訳です。基本的には下請け企業の方が、応募ハードルは低めな傾向があります。

応募できるかどうかは企業の規模にも左右される

また企業規模にも左右される傾向があります。製薬会社といっても、中小企業や大企業など色々ある訳です。経験が無くても応募できるかどうかは、その会社の規模にも左右されます。一般的には大企業の方が、ハードルは高めです。

上述の通り、確かに多くの製薬会社では、営業職なら未経験でも応募できる傾向はあります。しかし、それは中小企業の話です。大企業の場合は、業務の経験がなければ、基本的には難しくなります。大企業では、仕事に専門性が求められる都合上、経験者を優先的に採用しているからです。研究職も同様です。大企業の研究職は、業務経験が無い人材ですと、基本的には応募は難しいです。しかし中小企業ならば、理系出身の人材なら応募できる事も多いです。

 

まとめると、製薬会社は未経験でも応募できる事はあります。営業職なら、業務経験が無くても応募できる事が多いですし、下請けの製薬会社の方がハードルは低めです。また大企業の場合は、応募するのは困難な傾向があります。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧