製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者に入りやすい大学の学部とは?

医療分野の仕事はさまざまありますが、実際に治療をおこなう医者や看護師などばかりに着目してしまいがちです。
しかし、治療に活用する薬も人間の健康にとって、とても大切なものなので、そちらの分野に興味がある方も多いでしょう。
そのような方におすすめできる就職先は、薬に関するさまざまな業務を行っている製薬業者です。
研究や開発や販売など、いろいろな業務を行っているので、薬に興味があるのならピッタリな職業だといえるでしょう。
ただし、かなり人気が高い業界なので、就職のことを考えるのなら、高校生の時点で大学選びをしっかりと行わなければいけません。
適切な選択さえできれば、自身の望む形で薬に関われるので、大学と学部選びは慎重に行いましょう。

 

自分がやりたい業務を知ってから学部を選ぼう

大学では学べることがたくさんありますが、将来を見据えている方は、自分が望む職種に有利なところを選ぼうとしているでしょう。
しかし、漠然とした『薬に関わりたい』という気持ちがあっても、学ぶべきことは分かりません。

もしも、製薬業者がどのような形で薬に関わっているか理解していないのなら、まずは適当なところを選んで(できる限り大きなところを)業務内容を調べましょう。
そこには数多くの業務が載っているので、一つひとつ調べていけば、業務内容を正しく理解できます。

そして、自分がやりたいものをそこから見つけられれば、それを実現するために選定すべき学部を決定できるでしょう。
適当に大学を選んでしまうと、入学した時点で同じ業務を目指すライバルに圧倒的な差を付けられる可能性があるため、気をつけなければいけません。

 

MRになりたいときの学部の選び方

薬に関する仕事の中では薬剤師が一番メジャーだといえますが、それ以外だとMRをイメージする方も多いはずです。
MRは業者と医療施設を繋ぐための営業職なので、大切な役割を担うことになります。
重労働といわれていますが、その分給料の面で優遇されているため、将来はMRになりたいと考える方もたくさんいるでしょう。

ただ、MRは営業職という側面があるため、どの分野の大学に通えばよいか迷っているかもしれません。
そこはあまり迷う必要はなく、基本的には文系でも理系でもなることができます。

しかし、薬に関わる仕事なので、薬剤師の資格を持っていなければ、なれないと思う方もいるでしょう。
ですが、薬とはまったく異なった分野の文系や理系の方でも問題なく就職ができています。
しかも、業者によっては、薬剤師の免許を持っている方のほうが少ないケースもあるので、就職活動の足かせにはなりません。

ただし、MRとして就職すると、やはり薬の知識は必要となるため、入社後に勉強が待っています。
入社後の苦労を考えるのなら、薬のことを学べる大学を選ぶのも賢い選択でしょう。

 

研究職はある程度ルートが決まっている

薬の研究職に就きたい場合は、なるためのルートがほとんど決まっているといわれています。
そこから少しでも外れると、修正するのが難しいため、高校生のときからしっかりと計画を立てましょう。

まず、研究職になりたい場合は、四年制の薬科学科が設置されている大学に入学するのがよいです。
薬科学科では薬の研究に必要な知識を学べるため、もっとも確実なルートだといえます。
ただし、大学を卒業しただけでは、まだまだ知識が足りないので、研究職になれないので気をつけましょう。
卒業した後は、さらに専門的な知識を得るために、大学院に通わなければいけません。
大学院には薬学研究科があるので、そちらに通って、さらに二年間みっちりと知識を詰め込む必要があります。
もしも、大手の業者で働きたいと考えるのなら、国立などのトップクラスの大学院に進む必要があるので、大学時代から準備をしましょう。

ちなみに、大学は四年制の薬科学科ではなく、同じく薬のことを学べる六年制のほうを選ぼうと考えるかもしれません。
確かに勉強期間が長い方が得られる知識が多いように感じますが、六年制のほうは薬剤師になるための教育機関です。
従って、得られる知識が異なるので、研究職になりたいのなら、敢えて四年制を選ぶ必要があります。

なお、努力が必要になりますが、大学で薬とはまったく関係のないことを学んだとしても、努力次第では研究職になれます。
もちろん、薬学研究科に通うのは必須となりますので、大学卒業後に進路変更を考えているなら、まずは大学院に合格するための計画を立てましょう。

 

製薬業者に就職したい場合は、まずは自身がどの業務に向いているか考えなければいけません。
就職したい業務(研究職)によっては、六年間の準備期間が必要となるので、自分の適性を把握して、途中で挫折しないようにしましょう。
なお、大手の業者ではかなりの学歴を要求してくるため、トップレベルのところに就職したいのなら、できるだけレベルの高い大学に合格する必要があります。
さまざまな学部から人材を採用しているところの場合は、何を学んだのかよりも、大学名のほうが重要なケースもあるので気をつけましょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧