製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

外資系製薬会社へ転職するための英語対策

外資系製薬会社へ転職するための英語対策

外資系製薬会社に転職したい場合には専門的な対策も必要になります。
例えば、外資系製薬会社に好まれるレジュメとそうでないレジュメの違いを押さえておくことが大事です。
他にも英語対策は徹底的に行なっておきたいところでしょう。

外資系製薬会社はほとんどの会社で英語を求めてきます。
英語ができれば転職後もより活躍していきやすくもなります。
ここではそんな外資系製薬会社に転職するためにしておきたい英語対策方法について見ていきます。

 

資系製薬会社の面接に受かる英語対策方法について

外資系製薬会社転職時には英語対策をしておくことは欠かせません。

○求められる英語のレベルを知る
①英語対策もいろいろなものがありますが、まずはどのくらいの英語レベルが求められているか知っておきましょう。
例えば、外資系製薬会社によってはネイティブ並みにペラペラに話せないとダメといったところがあります。
外資系製薬会社によっては社内言語が英語のところもあるからです。
こうした外資系製薬会社に転職するのはかなりハードルが高いですが不可能というわけではありません。
他に、単にビジネスライクな英語ができればそれで十分なところもあります。
こうした外資系製薬会社は目指しやすいところでしょう。

②外資系製薬会社によっては英語について応募要件に盛り込まれていないこともありますが、それでも外資系製薬会社である以上はある程度は英語力が求められます。
英語が募集要項などに含まれていなくとも面接で急に英語で質問されることなどもあるので気をつけておきたいところでしょう。

 

○求められる英語力のレベルが分かったら、自分の英語力についても分析しましょう
①このためにTOEICなどを利用することがおすすめです。
全く英語ができないという場合には一から始めるしかありませんが、かといって真面目に文法書を購入して暗記する必要性はありません。
外資系製薬会社に転職する際に必要になってくるのは実践的な英語会話力ですから、英会話教室などに通って英会話能力を磨くようにしましょう。

②TOEICなどの試験で成績が高くとも英会話能力が全くないという人がいますが、こうした場合にも英会話能力を一から磨く必要性があります。
こうした英会話教室などに通うとともに自分のレベルに応じた英語の勉強も進めていく必要性があります。

 

○英語ができない場合
求められるレベルの英語ができるまでにかなり時間がかかります。
そのため、転職する前に1年程度余裕を見ておくと良いでしょう。
これだけ余裕があれば十分に英語学習もできるはずです。
また、英語学習も製薬会社へ転職することを念頭にしておく必要性があります。
例えば、米国における薬剤名などについて承知しておくようにすると良いでしょう。
米国の薬剤事情についても調べておくと面接などでも役立ってきます。

このように外資系製薬会社に転職するのは決して楽ではないですが、それだけの価値はあります。
外資系製薬会社に転職すれば日本企業では期待できないほどの高給も狙いやすくなります。
何より外資系製薬会社では薬剤師もより大事にされる傾向があるので、高待遇を狙っている人にも外資系製薬会社はおすすめです。
とはいえ、外資系製薬会社も成績重視ですしプライベートな時間も持ちにくいかもしれません。

 

外資系製薬会社を選ぶメリット

○メリット
こうした外資系製薬会社を選ぶメリットは他にもあります。

①まず、外資系製薬会社ではより経験が積みやすいことが利点でしょう。
日本企業では下積み期間が長くてまともな仕事もやってこないこともありますが、外資系製薬会社であればすぐに実践的な仕事ができるのが利点です。
それだけ仕事は大変ですがやりがいは確かにあります。

②外資系製薬会社はより転職に対してオープンなことも特徴でしょう。
むしろ転職者の方が、給料が高いような外資系製薬会社もあるほどです。
これは転職によって自分を高めていきたい人には良いニュースです。
外資系製薬会社であればそれまでの転職実績も売りにできます。

③外資系製薬会社は能力重視なことも利点です。
能力次第で転職後に短期間で出世することもできるようになります。
こうしたことも外資系製薬会社ならではです。

 

○まとめ
このように外資系製薬会社は独特な魅力があるものです。
このため、これから転職する際には外資系製薬会社を選ぶにも良いでしょう。
最終目標として外資系製薬会社を据えてみるのもおすすめです。
その分、外資系製薬会社へ転職するのは難しいですから上記で紹介したような英語対策などはじっくり行って対策しておくようにすると良いでしょう。

また、外資系製薬会社傘下の日本製薬会社に転職するのもありです。
こうした傘下の製薬会社であれば外資系製薬会社に内部から移れるといったこともあります。
このように転職以外にもいろいろな方法で外資系製薬会社に入ることは可能ですから外資系製薬会社に入りたい場合にはいろいろな選択肢を検討してみましょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧