製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

外資系製薬会社と日本の製薬会社との違い

外資系製薬会社と日本の製薬会社との違い

 

製薬業界事情として知っておきたいのが外資系製薬会社についてです。

製薬業界において外資系製薬会社の存在は大きいですが、日本の製薬会社との違いもかなりあります。

一体どのような違いがあるのでしょうか。

ここではそんなポイントについて紹介しましょう。

 

日本の製薬会社と外資系製薬会社の違い・特徴

○違い
①外資系製薬会社と日本の製薬会社の違いとして、外資系製薬会社はより新商品導入にも積極的です。

外資系製薬会社は日本の製薬会社とは経営体制もかなり変わっていることもあります。

日本に進出している外資系製薬会社は外国に本社があることも少なくありません。

このため、外資系製薬会社に転職すると出張などで海外に行くことも増えてきます。

社内での共通言語も日本語ではなく英語なこともあります。

こうしたことを知っておかないと後悔することもあるので気をつけましょう。

社内文化も異なってきます。

外資系製薬会社では仕事も個人的に行う事が多いですが、日本の製薬会社だと集団プレーで行う仕事も多くなっています。

こうした違いは製薬会社のみならず日本の会社全体に言えることもかもしれません。

③また、転職をする際にも外資系製薬会社と日本の製薬会社の違いに気付くものです。

例えば、外資系製薬会社はより能力を重視する傾向にあります。

一方、日本の製薬会社はより経歴を重視するといったように求められる点も変わってくることがあるのです。

どちらが良いというわけでもありませんが、こうした違いがあることは理解しておきましょう。

 

○比較しよう
外資系製薬会社と日本の製薬会社のどちらにするか迷ったら上記のような違いを比較すると良いでしょう。

また、外資系製薬会社の方が給料は高くなること多いので、給料重視の場合にも外資系製薬会社を選んでみると良いかもしれません。

ただし、外資系製薬会社は出来高制の企業が多く、成果によって給料が変わることが多くあります。

こういった外資系製薬会社ならではの特徴はあるものの、なかには日本の製薬会社とほとんど変わらず、合併しているところもあります。

 

転職時にしてしまいがちな失敗とは?

外資系製薬会社と日本の製薬会社には上記のような違いがありますが、転職をこれからする際には十分注意しておく事が大事です。

転職も常に成功するとは限りませんし、転職によってより待遇の悪い職場で働かなくなることもあります。

○注意点
①例えば、転職する際には自分の能力について正確に認識する事が大事です。

自分がどのような仕事ができるのかわかれば業界での自分の立ち位置もわかります。

これによって所属すべき会社もわかってくるのです。

もしも自分の能力に今いる会社の給料が見合わないならば転職してしまうのが良いでしょう。

本当に能力が高ければ雇ってくれるところはいくらでもあるからです。

逆に能力があまりないならば高望みしてしまうと転職先も見つからずに困ることもあります。

最悪の結果、空白期間ばかり増えてしまって転職が失敗することもあるので気をつけておきたいところ。

②他に、転職時によって達成したい目標を明確化することも大事です。

例えば、「転職によって給料を上げたい」「より良いポジションを目指したい」といったように目標が明確ならばそれだけ転職先も選びやすくなります。

逆に何のプランもなしに転職するのは危険なものです。

③転職する際には今の職場の不満なところや新しい職場に期待することについても分析しておきたいところ。

雰囲気が嫌で辞めたのに同じような雰囲気の職場に転職するようでは仕方ありません。

こうならないためにも、転職する際には転職先企業を分析するだけでなく転職前企業の分析も欠かせないようにしておくことが大事です。

転職期間も予め考えておくと良いでしょう。

転職期間もあまり長すぎてもろくなことがありません。

転職活動の制限を設けておけば「この期日までに転職する」といったようにより効率的に転職活動できるようにもなってきます。

逆に転職をいつまでにするか決めておかないと緊張感も生まれてこないので気をつけましょう。

⑤転職する際に資格を合わせて取得しておくと良いでしょう。

製薬会社では特に資格が大事になってきますから、時間のある転職期間中に資格を取っておくことはおすすめできます。

⑥また、転職をしても前職の環境とまったく変わらず、給料も変わらないこともあります。

こうした転職は失敗といっても良いですから気をつけましょう。

逆に転職をしたために給料が下がるなんてこともあります。

給料が下がるといかなりがっかりしてきますが、こうしたことは決して珍しくありません。

 

○まとめ
このように転職をする際には注意しておきたいことも多いものです。

転職も決して簡単ではありませんから、じっくりと準備をしてとりかかるようにすると良いでしょう。

転職をする際によくある失敗を避けるためにも事前にしっかりと計画建てをするなどして準備しておくことも必要になってきます。

転職を成功させるためにも最低限の準備はしておくと良いでしょう。

最後に今回の記事で紹介した外資系と日本の製薬会社との違いについて以下に記述します。

★外資系製薬会社の違い
新商品の導入に積極的な姿勢
会社によっては海外出張がある
英語での会話が求められる
個人で行う仕事が多い
能力を重視する社風が多い
給与体制は出来高製が多く、成果で給与が変わる。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧