製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

転職時に好印象を与える服装と面接対策

転職時に好印象を与える服装と面接対策

 

転職が初めてだとどのような服装で面接に赴いたらよいかわからなくて困ることもあるでしょう。

転職時の服装は気をつけておきたいポイントもあります。

ここでは面接対策と合わせてこうしたポイントを紹介しますから参考にしてみてください。

 

 

転職時の服装などについて

転職時の服装の基本は清潔さです。
スーツもしっかりとクリーニングに出して整えておくと良いでしょう。
また、髪などもしっかりとカットしておくことをおすすめします。
できれば初めて入社面接を受けた時のようにきっちりと整えておきたいところです。
とはいえ、スーツもリクルートスーツである必要性は全くありませんし、逆にリクルートスーツだと「初心者感」が出てしまってよくありません。
スーツを転職に合わせて新調するのはおすすめですが、スーツには注意しておきましょう。

ネクタイも派手なものは厳禁です。
紺などのような無難なネクタイをしておきましょう。
「他の人に差をつけよう」と思って派手なネクタイにすると、「ネクタイの選び方も知らない=仕事もできない」と会社側に判断されてしまうこともあります。

靴もしっかり磨いてピカピカにしておくことをおすすめします。
靴も新調すると良いですが、必ずしも新調する必要性もないのでお財布と相談して決めると良いでしょう。
このようにいろいろと準備するのはお金もかかりますが、こうした些細なことで転職が決まることもあるのでかかさずにしておきたいところです。
服装を整えて、髪をカットすれば気持ちも整理されてきます。

逆に、クタクタのスーツで面接に行くのは厳禁です。
スーツが色あせているような場合も悪い印象を与えかねません。
面接などを長期間受けていないと就職活動の感覚を忘れてしまい、気持ちも緩んでしまいますが、面接時には特別な心構えが必要になってくるのです。
服装に問題があると他の点で失点がなくとも落ちることもあります。

 

面接対策もしっかりしておこう

服装を整えることは基本的なことですが、面接対策もしっかりと考えておかないと受かることはできません。
◆例えば、面接対策として受け答え内容はよく考えておきましょう。
面接時には実に様々な内容を質問されますが、事前に受け答え内容を考えておけば対応もしやすくなります。
面接官もあなたの履歴書などを見て質問してきますが、履歴書などに書いたことについてはすべて細かく説明できるようになっておくことが必要です。

◆また、受け答えが難しくなった際の対応策も考えておきましょう。
例えば、「自分を動物に例えると何だと思いますか」といったようにすぐに応えるのが難しいものもあります。
このように受け答えが難しくなった際に下手な受け答えをするよりも少し考えてから話したほうが良いことが多いのです。

◆特に質問されるものの中でも一番大事なのは志望動機です。
「どうしてこの会社にしようと思ったのですか」と聞かれた場合には完璧な受け答えができるようになっておきましょう。
他の受け答えでよく出来ていても、志望動機が曖昧だとそれだけで落ちることもあります。
志望動機についてはそれまでの経験を踏まえてなるべく具体的な内容にしておくことが必要です。
例えば、「御社であれば以前の会社で行っていた製薬研究を更に奥深くできると思い応募しました」といったようにです。
志望動機と絡めたエピソードなども話しておくとより面接官の印象に残りやすくなってきます。

◆他に、ファーストインプレッションの重要性も知っておきましょう。
面接室に入って最初の数秒であなたの人格や能力などを判断されてしまうことがあります。
このため、面接室に入る際の動作は完璧にこなせるようになっておくと良いでしょう。
椅子の座り方一つとってもかなり重要なところです。

面接に強くなるためにはリハーサルや練習も大事です。
面接も場数をこなせば次第にうまくなってきます。
特に面接が嫌いで、人前で話すのが苦手な場合には練習をしっかりしておくと良いでしょう。
友人や同僚などに頼んでも良いですし、ビデオで撮影して見直すのも良いでしょう。

◆面接にうまくなりたいならばビジネススクールを活用することもおすすめです。
ビジネススクールを活用すれば面接対策もじっくりできます。
それだけコストもかかるものの、「面接は久々」「面接が苦手」といった人はビジネススクールにかよってみることも考えておくのが良いでしょう。

このように面接対策方法はいろいろとあります。
面接対策はどこでもできますから、転職する前から面接対策に時間をかけておくとよいでしょう。
特に上記でも記したように志望動機については時間をかけておくと良いでしょう。
志望動機を何にすれば良いかわからないという場合には他の人の志望動機を参考にしてみるのもありです。

志望動機も「より高給だから」といったように本音を話すと落ちてしまうこともあるので面接向き志望動機を考えておくことも必要になってきます。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧