製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者の給料はいくらくらい?

スタンダードな会社と比較した場合、非常に多くの給料を手にすることができる会社に製薬業者があります。

薬という文字が活用されているだけに、医療にかかわる仕事になります。

ですから、社会的にも安定しており、多くの人から求人案件などが注目されています。

 

総じて高い収入で厚遇されている

キャリアアップに取り組むうえで、年収額と処遇について関心を寄せている人も多いことでしょう。

製薬業者に関しては、ほかの会社組織と照らし合わせると、高い収入で処遇もよいといえます。

その理由は、業態に関して把握することで分かります。

主として医薬品販売もしくは生産にかかわっています。

一括りに医薬品といいましても種類は非常に多く、飲み薬や塗り薬、さらに注射など、多種多様なものがあります。

しかしながら、医薬品すべてに共通していえることが、人間や動物などがヘルシーに生活していくために必要なものということになります。

身体の健康と不可分の関係性にある医薬品に関しては、現在では欠かすことができない存在といえます。

医薬品を取り扱うケースでは、開発並びに生産それから、販売といった局面で専門知識が不可欠です。

命にダイレクトにかかわるので、医薬品についての専門的な知識のみならず、業務に対する使命感も相当なものが求められます。

商品として取り扱いしている医薬品は、開発や生産、さらに販売において、一般の人々では関係することができません。

したがって、プロフェッショナルとしての専門知識やスキルが要されることが、高い収入に結びついています。

 

職種によっての平均年収と一般企業との対比

製薬業者については年収額の非常に高い仕事といえますが、職種には多種多様なものがあって、職種により収入額も違ってきます。

開発する仕事、あるいは販売など、それぞれの職種の平均的な年収は異なります。

営業職の場合、20代で年収約500万となります。

一般企業は約300万台なので、高い収入といえます。

30代の年収は、約700万円で、一般企業は約500万円となっています。

販売品のアピールポイントを客に伝え、売買契約を交わすことを目的とするのが営業職になります。

新しく開発されている医薬品情報を正確に伝えることが求められ、専門知識も要します。

就労内容も専門的なため、一般法人の営業職と照らし合わせると高収入です。

また、開発職の場合、20代でだいたい400万円となり、30代で550万円となります。

開発職も、異なる企業と照らし合わせると高い収入といえます。

開発職に関しては、治験といった薬の効能をチェックする検査をしたり販売許可をとったりする業務内容になります。

会社の業務に取り組むにあたって専門知識を要することから、高い年収を受け取れます。

さらに管理職の平均的な年収は、20代で平均450万円です。

一般企業は、平均400万円です。

また年齢が増えるごとに収入額も増えていく傾向にあります。

 

年齢や地域さらに外資系等の要因で変化する

製薬業者で勤めることによって確保できる収入額は、職種以外でも変化します。

職種の他で収入額を変えるファクターとしては、勤務場所と年齢が見受けられます。

日本全国の製薬会社の初任給のアベレージは、おおよそ22万円となっています。

賞与並びにインセンティブ制度の有る無しによって、年収額は変化することがあります。

年収額については、業務につく業者のスケールの大きさ、あるいはボーナスの有無などによって異なります。

知名度の高い製造メーカーで課長といった役職で従事する場合は1000万円をオーバーすることがあります。

しかしながら、中小零細企業に勤務した場合の年収額は600万円程となります。

さらに、製薬業者のみならず、ありとあらゆる仕事が勤務場所によって収入額が変動します。

東京などの都市部では最低賃金が非常に高くなっています。

また、最近では業界においても外資系の会社の進出が増加しており、日本国内の製薬業者で仕事に従事していた人が外資系へと仕事を変えるケースも珍しくありません。

外資系は国内と対比するとなお一層給料が高いことで注目を集めていますが、年俸制の給与システムをとっている傾向が高く、実力によって金額が大きく変化するスタイルになっています。

とりわけMRのケースでは、セールスを伸展することが不可能な場合次の年の収入が大幅に減少することもあるといわれています。

 

製薬業界については、異なる業界の会社と照らし合わせると給料が非常に高いことで注目を集めています。

業界内部の競争はシビアであるものの、医薬品という生命を保護するうえで欠かすことができないものを販売品という形で取り扱っていることから、ほかの業界と比較すると経済環境や流行の影響を受けづらいという側面を持っています。

それに加えて、薬学並びに理化学といったハイレベルな専門的知識が要される専門性のとても高いフィールドとなるため、優れた人材を確保するため収入額や待遇を整備している業者が多いといわれています。

 

サイト内検索
記事一覧