製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

外資系の製薬業者に務めるのに必要な英語力はどのくらい?

外資系製薬業者への就職を考えたとき、気になるのが英語力。

最近では就職活動や、転職活動において非常に重要な判断材料となっています。

そのため各企業から求められる英語力を理解し、対策をしっかりととっておきたいところです。

英語力を必須としている企業も少なくありませんので、しっかりと事前準備をしましょう。

求められるTOEICスコアの目安とは

英語力の指標として有名なTOEIC。

ビジネスの場では今や当たり前となった英語能力試験であり、書類審査や面接時にTOEICのスコアを聞かれることはよくあることです。

求められるスコアの目安としては、企業にもよりますが650〜800点程度です。

もちろんスコアが高ければ高いほど英語力をアピールすることができます。

企業によっては、募集要件に〇〇点以上と記載されていることも多くあります。

700点前後の高いスコアを求められていることから、やはり海外を相手にできるようなレベルの高い英語力が必要であることがわかります。

企業の中にはTOEICを受験していることが採用の前提となっている企業もあります。

それほどTOEICは、ポピュラーな人材指標ということです。

そういえば学生時代に受験したことがある、という方も多いのではないでしょうか。

以前に受験したTOEICスコアを履歴書に記載する場合、許容範囲は2年間というのが一般的であるようです。

TOEIC受験は簡単にできますので、受験経験がない方・2年以上前に受験した方は入社を目指しているのであれば受験すべきです。

受験の機会は多くありますので、是非チャレンジしてください。

「ビジネスレベルの英語力」とは

求人の募集要項でよくある記載が「ビジネスレベルの英語力」です。

では、具体的にどのような英語力でしょうか。

TOEICのスコアが高いからといって実際に英語が使えるとは限りません。

日本人はペーパーテストの点数は高くとも会話になると全く話せない、という人も多いようです。

そのため、TOEICのスコアはあくまで目安であると捉えている企業も少なくないのです。

そういった企業はTOEICのスコアよりも、実際に英語の記述力や会話力が高い人材を重視し、採用したいと考えている傾向があります。

英語での会話は日常であり、社内の英語の使用頻度はかなり高いです。

そのような環境の中で活躍できる人材であるか見極める前提条件として「ビジネスレベルの英語力」があります。

「ビジネスレベルの英語力」とは、仕事の中で英語での電話、メール、会議をスムーズに行うことができる程度の英語力です。

特に電話で求められる英語力は高いものです。

なぜならば、電話ではその場の言葉のみで会話しなければなりません。

そういった場面で海外の取引先と英語でやりとりできる能力を求められているのです。

時にはこちらの要望を伝えたり、取引先へ交渉をしたりする場面もあります。

伝えるべき内容を英語で伝えなければなりません。

実際に、英語力を重視している企業は募集要項や履歴書が全文英語で記載されていたり、面接が全て英語で行われたりします。

英語に馴染みのない人にとってはかなり高いハードルであるかと思います。

相当の勉強が必要となるでしょう。

しかし、そのハードルをクリアすることができなければ企業で仕事をすることはできません。

その高い英語レベルの環境の中で仕事ができることこそが、外資系の魅力でもあるのです。

英語力に自信のない人でも道はある

TOEICも受けたこともないし、英語で電話なんて夢のまた夢…と思っている方も諦める必要はありません。

企業の中には、文章がある程度読めればOKといったような英語に抵抗がない方でも入社できる企業もあります。

英語力に自信がなくても、他の能力で会社に貢献できることがアピールできれば、そのための英語の勉強をサポートしてくれることもあります。

また、入社後は、業務の中で英語に触れる機会も格段に増えることになります。

そのため、自然に英語力は高まっていくはずです。

しかし、入社を目指すのであれば、目指す段階で英語力向上のための努力はするべきです。

自分にあった勉強法で英語を取得して、自信を持って選考に臨んでください。

その努力は決して無駄にはなることはありません。

まとめ

まとめると、求められる英語力のポイントは以下となります。

・TOEICのスコアは650〜800点程度。高ければ高いほど英語力をアピールできる。

・ビジネスレベルの英語力とは、ビジネスの場での電話・メール・会議をスムーズに行うことができる程度。

・英語力に自信のない人も諦め必要はないが、英語を勉強する努力はするべき。その努力は無駄になることはない。

実際、企業によって採用条件は様々です。

しっかりと自分にあった企業探しが非常に重要になってきます。

外資系製薬企業を目指す上で英語力は重要なものではありますが、採用のための勉強と捉えるのではなく、培った英語力を就職後にどのように活かしていきたいかを考えてみると、勉強へのモチベーションに繋がるはずです。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧