製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

製薬業者で働くために資格を手に入れよう

求人募集に応募して製薬業者で働く際に、絶対に持っていなければならない前提条件となる資格はありません。

薬学分野には薬剤師といった知名度の高い国家資格がありますが、製薬会社の従業員にあたっては薬剤師の形での業務に取り組むわけではありません。

こうした資格がなくても支障がないことのほうが多いです。

ただし、取得している人が重宝される事例は数多くあります。

研究職として就業する場合の必要な資格

研究職の立場での業務の内容については、主として成分合成の研究や薬理研究、製剤研究また工業化検討、基礎研究などがあげられます。

実際のところ、研究職において求められる資格はあまり見られませんが、工業化検討を業務に働く場所を変える場合、必要になるかもしれない場合があります。

それは、危険物取扱者並びに高圧ガス取扱者になります。

工業化検討のケースでは、有機合成を実施するケースが多いことから、そうした場合に、多量の有機溶剤を使ったり、高圧下の反応を実行しなければない場合が少なくありません。

そうした場合には、あらためていうまでもなく、専門的知識を持っていることが必要となってきます。

現実に持っていると転職の際の採用試験において相当アドバンテージに作用します。

加えて会社では英語力を持ち合わせていることが重要であり、転職時にはTOEIC730点超えの英語力が求められる傾向にあります。

現実に採用試験時に1年内のTOEICの成績表を示させるケースもあり、国際化の時代において、円滑なコミュニケーションを図る上で英語力はこれから増々要求水準が上がっていくでしょう。

営業職として働く場合の必要な資格

製薬業者の営業職の場合、MR認定試験をパスしていることが非常に重要になります。

現在において、MR認定センターが承認した研修施設を利用することによって300時間をオーバーする基礎教育講座を受けた人は受験資格が得られるようになっていますので、非常に取りやすくなっています。

そして、営業職の数多くが、このMR認定資格を持っており製薬に関する業務上おいて有効に活用しています。

こちらの資格がなければ、営業職を踏まえての中途採用の可能性は相当低くなるといえますので、キャリアアップを目標にしている場合、非常に重要になります。

そして、実際のところ営業職の立場での転職に関しては、MR認定資格の持ち主であることに加えて、たくさんの医者や医療施設とのコネクションを持っているか否かが採用の判断にあたり大事になってきます。

もしMR認定試験にパスし、非常に多くのコネクションもしくは多くの実績をもつ方は、大手会社の営業職に向かっての転職に挑んでみましょう。

大手会社の営業職においては、20代の状態で年収額700から800万円などということも少なくありません。

そして、キャリアアップの場合においては、卒業大学のレベル、要するに学歴などはあまり関係ありません。

知的財産部および工場で働く場合

知的財産部というのは、主として特許と関連する会社の業務を務める部署であり、会社においては研究職と同じようにとても大切な部署といわれています。

知的財産部にキャリアアップするケースでは、弁理士を有しているとアドバンテージになります。

しかしながら、弁理士をもっているのみで、現実に仕事に就いた経験がない場合は、採用に関しては困難が伴います。

この場合の実務経験といっているのは、特許明細書作成特許庁に対する対応、または訴訟経験ライセンスを踏まえての契約の締結での交渉等を挙げることができます。

それに加えて、製品のマーケットにつきましては、日本国内のみならずアメリカやヨーロッパなどの外国もとても大きなマーケットになります。

ですので、外国の特許法にも豊富な知識があることが要求されることになります。

それから研究職と同じように、優れた英語力が求められ、具体的にいいますとTOEIC730点をオーバーする英語力が要求されます。

また、工場の求人募集があるとき、薬剤師であることがアドバンテージに作用するケースがあります。

これに関しては、製造管理責任者、或いは品質管理責任者若しくはその候補が会社に期待されている場合が多く、こうした業務では必須になります。

それに加えて、製品を高圧下並びに有機溶剤を活用して製作しているようなケースになると、製造責任者に関しては危険物取扱者並びに高圧ガス取扱者を欠かすことができません。

一方、現実に製造する社員または品質管理の実務を務めるような社員へキャリアアップする場合においては、特別な資格は必要ありません。

 

キャリアアップを図るために製薬業者への職場の変更を考慮に入れている人は多いようですが、そのような場合必要な資格を把握することが重要になります。

実際のところ、会社内には多くの部署があり職場で要求されるスキルも様々といえます。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧