製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

文系でも製薬業界に転職できる?

文系でも製薬業界に転職できる?

製薬業界は業界規模が小さいならば人気が高いもの。
製薬会社は長期的に働けることが多いのも特徴です。
とはいえ、製薬業界はやはり理系職という印象があります。

製薬業界は文系の場合には全く可能性がないのでしょうか。
文系でもつけるような仕事はあるのでしょうか。

ここではそんな気になる転職事情について紹介します。

 

他の業界から製薬業界を目指す

結論からいうと文系であっても製薬業界を目指すことは不可能ではありません。

〇MRの営業職のポイント
文系だと確かに研究職などは目指すことができませんが、他の仕事は製薬業界にいくらでもあります。
例えば、MRなどの営業職を目指してみると良いでしょう。
営業職であれば文系であっても問題なく就くことができます。

MRの仕事は専門的な薬剤に関する知識が必要になってきますが、こうしたことは文系であっても理解できます。
むしろMRの仕事は人間対人間の仕事ですから、文系のほうが向いていると言っても過言ではありません。

MRの仕事は給料も高いことも利点でしょう。
また、MRの仕事は会社相手の仕事がメインになることも特徴です。
このため、そこまで営業職のイメージにあるように「闇雲にノルマ達成を目指して働かないといけない」なんてこともありません。
これもMR職が魅力的なところかもしれません。

◆とはいえ、MR職の求人自体は少ないもの。
求人が見つからなくて困ってしまうこともあるでしょう。
これは仕方のないところですが、もしも求人を見つけたら早めに応募しておくようにしておきましょう。

 

〇MR職以外にも文系でもできる仕事はいくつもある
◆例えば、通常の事務職や管理職は文系でも歓迎されています。
こうした仕事は文系のほうが向いていることも。
とはいえ、製薬業界で働く以上は薬について詳しくなっておく必要性があります。

もしも仕事選びで困ってしまったらとりあえず営業職として製薬業界に入るのが良いでしょう。
営業職は始めやすいもので、キャリアについては入った後に考えていくというのもありです。

ちなみに文系であっても努力次第で、トップに上り詰めることができます。
理系、文系というくくりはますます少なくなってきていますから、能力次第でどういったポジションにもつくことができるのです。
このため、出世を目指したいというビジネスマンにも製薬業界はおすすめできるものです。

 

転職の際にしておきたいこととは

これから転職をするならばいくつか実践しておきたいことがあります。
①まず、会社の将来性はしっかり分析してから転職するようにしましょう。
会社の将来性についてしっかり調べておけば入った後もがっかりしなくて済みます。
はためには良さそうな会社であっても実は経営難な会社もあるので気をつけておきたいところです。

②転職時にはできるだけ自分の能力アップもしておくと良いでしょう。
例えば、外資系の会社を目指すなら、英語を身につけるというのは一つの手です。
転職期間中は空き時間も増えますが、だからこそこの機会を有効活用しておくのが大事になってきます。
転職期間でどれだけ成長できるかは人によっても変わりますが、転職期間中に自己研鑚に励めばより良いところに転職しやすくもなってくるのです。

③転職の際にはチャレンジすることも大事です。
転職はより高望みしたほうが良い結果になることが多いです。
例えば、自分よりもワンランク上の会社に転職してみると良いでしょう。
最初のうちは仕事も辛いかもしれませんが、次第に仕事も慣れてきて能力アップしたことも実感できるようになってくるはずです。

④転職に合わせてキャリアプランについて考えなおしてみるのも良いでしょう。
こうしたことは仕事で忙しいとなかなか時間をかけて考えることができませんが、転職期間中であればこうしたことを考える時間も生まれてきます。

〇焦って転職しない
このように転職に合わせてしておきたいことは多いものですが、転職は数年に一度あるかないかの重大イベントです。
転職時には「空白期間が長引かないように」ととにかく焦って転職する人がいますが、これはあまりおすすめできません。
焦った結果、良くない会社を選んでしまうこともありますからできれば転職は時間をかけるようにするのが良いでしょう。

〇転職時に困ったことがあったら
友人に相談することなどもおすすめです。
以前の職場の同僚とも関係を保っておけば相談相手に困るなんてこともなくなってきます。
特に製薬業界はかなり狭い業界ですから、以前の職場の同僚とも仲良くしておくことをおすすめしてきます。
意外なところでこうした交流が役立ってくるなんてこともあるのです。

〇しっかりプラン立て
最後に、転職の際にはプランもしっかり立てておくと良いでしょう。
例えば、どのくらいで転職するのか、転職によって何を達成したいのかといったことを決めておけばよりうまく転職をしていくことができます。
こうしたプラン立てをしているかどうかで大きく転職の結果も変わってくることもあるのです。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧