製薬・医薬会社への就職・転職におすすめの求人紹介サイトをご紹介

動物用の製薬業者で働くためには


製薬業者にも、動物用医薬品等を取り扱っている会社があります。
同じ獣類でもペットと家畜とでは違いがありますし、運用に関しては法律の規制もあります。
求人情報を探す際には、どのような働き方をしたいのか、ライフワークも含めて見定める必要があるでしょう。

 

獣類専用の医薬品等を開発することの意味

医薬品は、もちろん人間が使用するものもありますが、獣類用のものもあります。いかなる医薬品、医薬部外品であっても、生物の体内に入り特定の作用をする限り、一般の日用品とは大きく異なり保健衛生が極めて重要となります。当然ながら多くの法律による規制があり、医薬品等に関わる者はそうした法的な知識も踏まえて従事する必要があります。

もちろん獣類に使用する医薬品等も人用と同じく、多くの法律によって規制されています。人は年齢や体形、人種などによる身体的な違いはありますが、獣類などの生物はその比ではないほど大きな違いがあります。分類としては家畜や魚、いわゆるペットなどに分かれますが、家畜ひとつ取っても牛や豚、馬や羊など種別も千差万別です。家きん類は鶏や七面鳥などの鳥類になりますし、魚は養殖水産動物全般となります。

ペットはサイズこそ小さめにはなるものの、それこそ犬猫をはじめ、鳥や魚などあらゆるジャンルにまたがります。そのため、獣類用の医薬品等を開発する仕事を選ぶのであれば、ある程度テーマを絞って研究にあたる必要があるでしょう。ペット用の一部の医薬品はドラッグストアなどでも購入が可能ですが、それ以外に用いる医薬品は獣医による処方が一般的です。

家畜であれば、その先の産業には人の生命が関わっていて、薬を使った家畜由来の肉や卵、乳などに薬の成分が残らないようにする必要も生まれます。単に病気を治療する効果だけを求めるのでなく、あくまでも食品の安全性を守る責務があることになります。こうした事から厳しい規則が設けられており、獣類の医薬品開発にも慎重な姿勢が求められています。

 

日本での獣類用医薬品等の開発について

鳥獣類が相手の医薬品等の開発は、対象となる生物によってその研究内容も大きく変わります。家畜とペットでは治療方針も変わりますし、その生物に見合う医薬品を開発する必要が生じます。前述したように、家畜はその家畜由来の食品となった時の安全性も保証されなければいけません。また、経済活動である以上、コスト面でも有用性がなければ使用されることはないでしょう。

薬剤の費用対効果はシビアな局面があり、生産コストが上がりすぎては現実性がありません。薬剤の有効性は当然のことながら、安全性と食品化した場合の残留性や安全性、経済性まで求められる難しい仕事と言えるでしょう。新薬の開発には高い知識と技術を要しますが、販売する為にはもちろん最終的に国の承認が必要となります。

データを揃えて承認申請書を国に提出し、品目毎に構成される薬事審議会と食品衛生審議会での審議を経て初めて認められます。厚生労働省でも、残留に関する事項は審議を行います。基準としては、GLP、GCPなどがあり、定期的な再評価なども行われています。

 

世界を動かす医薬品開発の仕事に就く

現在、世界の獣類用医薬品市場は210億ドルを突破すると推計されています。その中で日本市場は世界の約5%弱を占め、900億円市場と言われています。以前日本は世界第2位という規模にありましたが、近年では中国が世界2位に浮上し、日本は6位ほどと言われています。海外ではまだ大手製薬会社が獣類に関しても医薬品事業を維持していますが、日本では大手から部門が分散し、分社化される動きがあります。

獣類の医薬品等の仕事に従事するのであれば、こうした新しい製薬会社の求人を求めるのも有効な手段でしょう。また日本市場は5%程度のシェアと片付けてしまうのは早計で、実際には日本で発見、開発された化合物や医薬品が海外市場で積極的に販売されている事実があります。つまり、日本の技術が世界中の家畜やペットの健康を改善し、公衆衛生の向上におおいに貢献していることになります。

2015年には北里大学の大村智博士がノーベル生理学・医学賞を受賞されましたが、博士の発見と実績はまさにこうした日本から世界への流れを現しています。人体用医薬品から獣類用にスイッチされた例も多いですが、そうした流れの中でも日本企業は大いに影響を及ぼしています。人間が家畜由来の食品を消費する以上、家畜用医薬品の重要性は増すばかりですし、ペットの存在による精神面の安定から、人のQLD向上にも貢献できます。

ライフワークとして挑戦する価値が十分にあることは間違いありません。実際に求人を出している多くの企業は、日本から世界へ向けて医薬品の研究と開発のビジネスモデルを打ち立てています。創薬においていかに最適な候補化合物を創出できるかは腕の見せ所ですが、それだけに非常にやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

 

動物用医薬品等の開発は、日本から世界に向けて、今後更なる発展と成長が見込まれる重要な仕事です。日本では大手製薬会社からの分社化が進んでいますので、新しい環境でやりがいのある業務に挑戦するのも良いでしょう。

サイト内検索
ランキング!
ライフケア・ネットワーク(e-製薬)
メディサーチ
アンサーズ
オンウェーブ(製薬オンライン)
JACリクルートメント
記事一覧